貧乏は呼べばいつでも来る。皮肉に関する名言 part3

スポンサーリンク

(1)

人間にとってただ3つの事件しかない。生まれること、生きること、死ぬことである。生まれるときは気づかない。死ぬときは苦しむ。そして生きるときは忘れている

(2)

知識もなくて想像力を持つ人間は、足がないのに翼を持っているようなものである

(3)

あまり賢くない人は、自分が理解できないことについては何でもけなす

(4)

皮肉な目で観察すると、欠点しか見えません。少し視点を変えるだけで、いいところがたくさん見えてくるものです

(5)

現代の女性は、あらゆることを理解する。ただ、自分の亭主のことだけは理解しない

(6)

お金で幸せは買えないと言うけれど、ホントだろうか? 試してみたいから小切手を送ってくれ

(7)

なぜ美人はいつもつまらぬ男と結婚するのだろう。賢い男は美人と結婚しないからだ

(8)

女とは驚くべき存在だ。なにも考えていないか、別の事を考えているか、そのどちらか

(9)

女が付属品を棄てるとどうしてこんなにも美しくなるのだろうか

(10)

真の勇気は、第三者の目撃者のいない場合に示される

(11)

愚か者は、金を持って死んでいくために、貧乏で暮らす

(12)

悪い人間に親切をすると二度ひどい目にあう。金を失って、しかも感謝されない

(13)

現実よりも記憶の中の女のほうが美しい

(14)

命と引き換えに金を欲しがるのは強盗であるが、女はその両方とも欲しがる

(15)

女も凡庸な作家も、自画自賛するほどには世間から賞賛されない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存