反省はするけれど後悔はしない。反省に関する名言 part2

スポンサーリンク

(1)

ルーティンから脱して新しいことに挑戦しようとすれば、ときには失敗することもあるでしょう。ただ、前向きな失敗ならどんどんすればいい。失敗するから反省があり、反省があるからまた成功に一歩近づけます

(2)

愛は身近な人、家族を気遣うところに始まります。私たちの夫、妻、子供たち、または親たちが、一緒に住んでいながら十分に愛されていないと感じ、孤独な生活をしているのではないかと反省してみましょう

(3)

構造改革前はどちらかというと、個人の力重視、マンパワーでやっていましたね。しかし、反省しました。今は組織力重視になってきています。営業利益率で振り返るとリーマンショック時で3%台でした。その後4%台、5%台と上がり、今期は6%まで持っていきます

(4)

日本人の選手は勝っても負けても、自己反省が強すぎるというか、ヨーロッパの人間に比べると、反省をするような傾向が強いのじゃないかと思います。まあ、私はそのような姿勢が個人的に好きですし、チームにとってもいいのではないかと思います

(5)

夜中に他人に怒りのメールを送って、翌朝反省するようなことは誰にもあるんじゃないでしょうか。「イライラ」「クヨクヨ」は朝しましょう、と言いたいですね

(6)

なぜ失敗したのかを考えて反省するのもいいですが、そればかりでは気持ちが沈んでしまいます。中身をよくよく見れば良い点も必ずあるはず。結果は出せなかったがこんな発見があった、このプロセスはうまくいった、などの成功ポイントを分析すれば、次につながるアイデアも出やすくなります

(7)

包容力を身につけるために最も有効な手段は「気にしないこと」。私はもともと非常に神経質で、細かなことを気にする性格です。だから余計につらい思いをしてしまった。それを我慢して、意地で仕事をしてきた人生でした。その反省も込めて、今は「気にしない」をモットーにしています

(8)

18歳では即座に崇拝し、20歳では愛し、30歳では欲情し、40歳では反省する

(9)

恋は人を盲目にするが、結婚は視力を戻してくれる

(10)

国際事業はこれまではグループ会社が独自に進めていました。反省すべき点もあり、今後は、グループ全体のことと考えて判断する必要があります。そのうえで、仮に数千億円規模の投資であっても決断することはあるでしょう

(11)

忙しい毎日を送っている私たちは、つい自分を見失いがちである。そうならないためにも、意識して反省をする習慣をつけなければならない。反省ある人生を送ることにより自分の欠点を直すことができ、人格を高めることができる

(12)

多くの人は皆、成功を夢見、望んでいますが、私は『成功は、99パーセントの失敗に与えられた1パーセントだ』と思っています。開拓者精神によって自ら新しい世界に挑み、失敗、反省、勇気という3つの道具を繰り返して使うことによってのみ、最後の成功という結果に達することができると私は信じています

(13)

一日一日を精一杯働き、その結果について反省するのはいいが、くよくよ考えるのはよそう

(14)

貧乏な人は、ここいらで反省しなきゃ駄目だよ。「ああ、そうか、私は貧乏神と縁が切れない人間かと思ったら、そうじゃなかった。自分で招いたことなんだ」。そうですよ。あなた方のほうでもってウインクを与えるから、貧乏神が来るんだ。変なものにウインクを与えなさんなよ

(15)

日々の自分の行いを反省し、不要な物欲や功名心などを省くことが正しい生き方へとつながり、結果的に「利」をもたらすのです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存