絶対に成功できる。困難に立ち向かう言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

だれにだってあるんだよ ひとにはいえないくるしみが だれにだってあるんだよ ひとにはいえないかなしみが ただだまっているだけなんだよ いえばぐちになるから

(2)

私は大事なショットを外した後のことなんて考えたことがない。もし考えたならいつも悪い結果を思ってしまうからさ

(3)

運は我々から富を奪うことはできても、勇気を奪うことはできない

(4)

およそ惨めなものは、将来のことを不安に思って、不幸にならない前に不幸になっている心です

(5)

悩み事は次の三段階の解決策によって克服することだ。
1.まず最悪の事態を考えてみる。
2.どうしても避けられないとわかったら、あっさり覚悟を決める。
3.次いで、気を落ち着けて、事態の改善に取りかかる

(6)

耐える心に、新たな力が湧くものだ。全てそれからである。心機一転、やり直せばよいのである。長い人生の中で、そのための一年や二年の遅れは、モノの数ではない

(7)

失敗とは、より賢く再挑戦するためのよい機会である。まじめな失敗は、なんら恥ではない。失敗を恐れる心の中にこそ、恥辱は住む

(8)

虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃ

(9)

そのせいで落ち込んでしまうぐらいなら、不満の種を捨てちゃえばいいのよ

(10)

さあ、元気を出して行動に打って出よう、どのような運命にも立ち向かう勇気を持って。いよいよ励み、いよいよ求め、労苦し、時を待つことを学ぶのだ

(11)

苦しいという言葉だけはどんなことがあっても言わないでおこうじゃないか

(12)

馬鹿になれ
とことん馬鹿になれ恥をかけ
とことん恥をかけ
かいてかいて恥かいて
裸になったら見えてくる
本当の自分が見えてくる
本当の自分も笑ってた
それくらい馬鹿になれ

(13)

惨めな自分を笑い飛ばすユーモアは先人の知恵。どんなに辛いときでも明るく生きる高等技術

(14)

人間は弱いようで、強い生き物なんです

(15)

自分で自分をあきらめなければ、人生に「負け」はない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存