逃げた者はもう一度戦える。頑張ろうと思える言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

立派にやり遂げたことに対する最大の報酬は、それをやり遂げたことそのものにある

(2)

同じ花崗岩のかたまりも、弱い人にとっては、道の障害物になる。しかし、強い人にとっては、道に置かれた踏み台となる

(3)

神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。ただ、挑戦することを望んでいるだけよ

(4)

高く登ろうと思うなら、自分の脚を使うことだ。高い所へは、他人によって運ばれてはならない。人の背中や頭に乗ってはならない

(5)

絶えずあなたを何者かに変えようとする世界の中で、自分らしくあり続けること。それがもっとも素晴らしい偉業である

(6)

人間にとって成功とはいったいなんだろう。結局のところ、自分の夢に向かって自分がどれだけ挑んだか、努力したかどうか、ではないだろうか

(7)

偉業は一時的な衝動でなされるものではなく、小さなことの積み重ねによって成し遂げられるのだ

(8)

とにかく、考えてみることである。工夫してみることである。そして、やってみることである。失敗すればやり直せばいい

(9)

敵に勝つより、もっと大事なことは、常に自分をレベルアップすること

(10)

もう一歩。いかなる時も自分は思う。もう一歩。今が一番大事なときだ。もう一歩

(11)

目標を達成するには、全力で取り組む以外に方法はない。そこに近道はない

(12)

できると思えばできる、できないと思えばできない。これは、ゆるぎない絶対的な法則である

(13)

どんなに暗くても、星は輝いている

(14)

自分の夢、そんなに簡単に諦められるかって話でしょ

(15)

そのことはできる、それをやる、と決断せよ。それからその方法を見つけるのだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存