自信は成功の第一の秘訣である。自信に関する名言

スポンサーリンク

(1)

男が自分の技量に自信をもったときの美しさというものは格別なものだが、自らの位階に自信をもった場合は、鼻持ちならなくなる

(2)

最近は自信と傲慢とを履き違えている子が増えたように思います。本当の自信を持っている子はむしろ謙虚です。目の動きとか、話す内容でわかります。大げさに言っている、飾っているなということはすぐにバレます

(3)

自信を持つには、何でもコツコツ一生懸命に続けることだ。たとえば本を書く人なら、自分なりのやり方で、一生懸命に書き続けていく。そのうちに自分の気持ちと筆とが一致するときがくるんじゃないのかな

(4)

自分は自分である。何億の人間がいても自分は自分である。そこに自分の自信があり、誇りがある

(5)

自信を持て!ぼくは世界一だと

(6)

他人を納得させる記録や結果よりもたとえ自己満足と笑われようが自分で自分に心から「よくやった」と、ひとこと言える闘いこそ、まことの勝利であり人間としての自信と誇りを得て人生で最も大切な優しさや思いやりを身にまとう瞬間だと思う

(7)

お前は気が小さいんじゃない、優しいんだ。だからもっと自信を持てばいいんだ

(8)

ボールを打つのは神ではない。苦しい時の神頼みは、自信のない臆病者の弱音にすぎない

(9)

やりたいことリストの実現したものには「達成ハンコ」を押していきます。そのたびに、やればできるという自己効力感が増し、その自信がまた次のやりたいことを実現させる力になるのです

(10)

自信をもって話すには、準備をすることです。学生時代、予習をしっかりやっていった日の授業は、自信を持って先生の目を見ることができたでしょ

(11)

一生懸命働いたあとに損失感はない。頭は明晰に、体は軽く、心は確信に満ち、そのうえ周囲がみな愛すべきものになる。対して、怠けたあとの損失は実に莫大だ。頭は重く、体はだるく、自信がなくなり、そのうえ周囲がみな憎らしくなる

(12)

どんなに自信を持っても、常にベストであり続けることはできない

(13)

人間のやることですから大差は無い。自信を回復させてやればいいだけのこと

(14)

俺が自信満々にバッターボックスに立っていることを相手のピッチャーに分からせてやりたいね。俺が世界最高のバッターだってことを

(15)

仕事も、せっかくするのであれば高い目標を持つ。目標に挑戦して成功し、実績を積み上げれば自信になる。育てる側にすれば、達成感を与えることができる。これは教育には必要なことである

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存