最初にあったのは夢と、そして根拠のない自信だけ。自信に関する名言

スポンサーリンク

(1)

職種を超えて一流と思えた人たちは、なんかやっぱり自信に満ち溢れていた気がします。フワっとしていて、別にグイグイしていなくても。もちろん、グイグイしていた人もいましたが。どちらにせよ、何らかのオーラがある。その人だからこその味というか

(2)

自信を持つには、成功体験を重ねていく以外にありません

(3)

私たちは単なる学力向上よりも、自信とやる気を重視しています。というのは、どんな人生においても、必ず試練は訪れるものですが、自信とやる気があれば、その試練にひるまず立ち向かえるのです

(4)

何でもいいので他人から与えられたものではない、自分自身の努力目標なり、仕事のルールなりをつくって、それを守り続けていくことで自信が生まれてくると思います

(5)

恋に関しては絶対の自信など持てない

(6)

自信の上には奢りがあり、謙遜の下には卑屈がある

(7)

自信と態度。緊張感と堂々とした態度なしに、セクシーにはなりえない

(8)

相手に信頼を得られる人と、信頼されるどころか軽く見られてしまう人。その話し方の差は「自信の有無」です。話し方というとテクニカルな面にばかり目が行きがちですが、テクニックの前にメンタルな面が重要です

(9)

企業は胸を張って、それぞれの得意分野、自社の技術のこれはすごいというところをもっとアピールすればいいと思います。日本の技術レベルは圧倒的に高いのですから、自信を持っていいのです

(10)

自信は持つべきだろう。しかし、ヒット作に関わったのちの自信は本当の自信ではない。勝利の法則を手に入れたという錯覚である

(11)

自信がない自分を克服しようと、大それた目標を掲げる人もいますが、途中で挫折しては意味がありません。いまの自分にはほんの少し難しいこと、むしろ小さな目標を着実にクリアしつづけたほうが、滅多なことでは揺るがない確固たる自信が身につくのです

(12)

これから、様々な壁との戦いがあると思います。でも、もう何も怖くありません。神様がニコルにあと何年くれるか分かりませんが、勝つ自信はあるんです

(13)

ひとは軽蔑されたと感じたとき最もよく怒る。だから自信のある者はあまり怒らない。彼の名誉心は彼の怒が短気であることを防ぐであらう。ほんとに自信のある者は静かで、しかも威厳を具へている。それは完成した性格のことである

(14)

「自分の行う販売がなければ、社会は運転しない」という自信をもつことであり「それだけの大きな責任を感ぜよ」ということが しっかりした商売ができるかどうかの基本になりますな

(15)

知恵さえ出せば、違いが訴えられるじゃないかと事実その違いを持ってるんだと、質の違いがあるんだというまあ自信がありましたからね。それがやっぱり支えでしたよ一つは

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存