青春の夢に忠実であれ。夢を叶えたい時に読みたい名言 part2

スポンサーリンク

(1)

露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことは 夢のまた夢

(2)

夢の行き着いたところに結婚があるのではなくて、結婚から夢の現実が始まるのです

(3)

人生に夢があるのではなく、夢が人生をつくる

(4)

夢はすでに私たちの手のなかにあり、私たちに見つけ出され、磨かれるのを待っている

(5)

時間は夢を裏切らない。夢も時間を裏切ってはならない

(6)

思いつつ 寝ればや人の 見えつらん 夢と知りせば 覚めざらましを

(7)

人生は夢である。死がそれを覚まさせてくれる

(8)

この世の幸福とは何だろう? それは一つの影にすぎない。この世の名声とは何だろう? それは一つの夢にすぎない

(9)

希望とは、目覚めている人間が見る夢である

(10)

おまえは夢をみよ。そうして眠りからめざめて泣くがいい

(11)

また、人の悲しみを心から悲しむものもおり、一人か二人かは、身かけと変わらぬものもあり、善とは名ばかりでなく、幸福とは夢でない、と

(12)

諦めきれるなら、そんなの夢じゃねぇ

(13)

仲(コンビ)が悪くならないのに一番いいのは相手が分からないことだ。だからお茶飲まない、食事しない、会話しない、夢語らない。これどうだろう

(14)

夢は困難という友人を真っ先に連れてくる。そして困難は感動という友人を最後に連れてくる

(15)

夢破れてからが人生

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存