動機は何でもかまわない。やる気を高める言葉

スポンサーリンク

(1)

ほとんどすべての人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまで行き着き、そこでやる気をなくしてしまう。いよいよこれからだというのに

(2)

あんたのやれることは目の前に転がってんだろ。だったら四の五の言わずにやれよ。結局俺達は自分の領分で今やれることやるしかねーんだよ。過去に囚われたり未来にすがったりする暇はねー。んなことしてたら大事な今がまたこぼれ落ちるぞ

(3)

日本人は、失敗ということを恐れすぎるようである。どだい、失敗を恐れて何もしないなんて人間は、最低なのである

(4)

他人の世界をうらやんでいても仕方ない。自分の世界は自分で変えなければ

(5)

人間がこれだけはと思いきったことに十年しがみついていると大体ものになるものだ

(6)

世の中の多くの人は、少々うまい事いかなくなると途中で諦めてしまう。本当に物事を成し遂げる為には、成功するまで諦めない事である。やっていくうちに、世の中の情熱が有利に展開していくことだってあるのだから

(7)

やりたい時に、やりたいことができる、これ以上の幸せってないよね

(8)

親は子どもに英才教育を施し、幼いころから子どもの遊ぶ時間を奪ってしまうことがよくあると聞く。しかし、本人のやる気がなければ長く続くはずがない

(9)

選手のやる気を引き出すには、感情的なものの言い方をしては絶対にダメだ

(10)

ほとんど全ての人間は、もうこれ以上アイディアを考えるのは不可能だというところまで行き着き、そこでやる気をなくしてしまう。いよいよこれからだというのに

(11)

わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ…近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな…違うかい

(12)

人生の中で目指しているものがはっきりしている人はいくつになってもエネルギーがある

(13)

お前たちが、やる気充分でいるのはわかっている。わたしに栄光をもたらすためには、どんな犠牲も甘受する気でいるのもわかっている。だが、わたしが、お前たちの命よりも自分の栄光を重く見たとしたら、指揮官としては失格なのだ

(14)

人間の多くは、安心できてこそやる気を起こすものなのだ

(15)

物理に限らず、科学は「わかろう!」とか「勉強しよう!」と思った途端につまらなくなってしまいます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存