責任を持たさなければ能力を出しません。やる気を高める言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

目的を持つと知恵が湧き、知識も知恵に代わる。やる気も出てくる。自分の目的は祈りと執念で必ず達成できる

(2)

うまいものだけを食っても、八時間食い続けられるものではない。遊ぶことにしても同じだ。ただ仕事だけは八時間やっても飽きがこない。また、やる気が出る

(3)

たえず成長しているという実感は、モチベーションや自信を生む、大切な源なのです

(4)

人間はモチベーションがなければ動くことはない。エンジンのない船やガスの抜けた気球と同じである

(5)

会社の目標と自分の個人的な夢が重なる部分を探せ。そうすれば、やる気が出てくる。希望が見えてくる

(6)

自分にとって、それは何であるのかを一生懸命考えることは、自分をつくっていくことにつながる

(7)

みじめになるか、やる気を出すか、だ。何をやらなければならないか、それはあなたが決めることだ

(8)

モチベーションは精神の食物のようなもの。一度に多くは食べられない。たえず補充してやる必要があるのだ

(9)

十年で一人前といいますけど、やる気になってやれば三ヶ月でも一人前

(10)

モチベーションとは、夢を実現するために着る作業着である

(11)

プロジェクトを組むときに大切なことは二つ。「キーマン」を見つける。そしてその人がやる気になるよう「説得」する。それができれば、目的は半ば達成したようなものである

(12)

コーチの第一義は、自信を無くしている、目標を失っている選手に、いかに意欲を出させるか、ということ

(13)

希望、この深く力強い感覚は、物事がうまくいっているときの喜びや、成功が明らかな企業に投資する意欲などとは、まったく異なるものだ

(14)

たいていの人々は、都合と好みの混ざり合った動機によって結婚する

(15)

「やる気になった」というだけでは、道半ば

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存