意欲から行動が生まれる。やる気を高める言葉

スポンサーリンク

(1)

新しいことに挑戦するときに、もっとも大切なことは、現在の自分の能力を考慮してできるかできないかを予測することではなく、「やる気」があるかないかである。これを忘れてはならない

(2)

委員会:必要のないことをするために、やる気のない者によって招集された、適任でない人間の集まり

(3)

若い間は意欲があって、それを入れる形式がない。老いてくると意欲もないままに形式に追われる

(4)

ほとんどの人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまで行きつくと、そこでやる気をなくしてしまう。いよいよこれからだというのに

(5)

人間というのは弱い生き物なので、自分の意欲を高めてくれるような動機が必要なのです。自分だけでなく、ほかの人たちにも最上だと思ってもらえるような、目的を持たなければなりません。誰にでも誇りを持って話せるような、素晴らしい目的を持っていれば、恐れや罪悪を感じることなく、エネルギーのレベルを上げることができるのです

(6)

無知による失敗を怖れるあまり、行動することなく調査や勉強ばかりに力を注いでいると、失敗によって失うものより、さらに大事なやる気と時間を失うことになります

(7)

育てるということは、「調子に乗らせて」いやがうえにも、意欲を高め、それによって能力を増大することです

(8)

一瞬のやる気なら誰でも持てる。けれども、持続性のあるヤル気は深く認識したものだけに宿るのである

(9)

しばしば我々は、我々のもっとも美しい行為をも恥ずかしく思うであろう。それを生み出したすべての動機をひとに見られたならば

(10)

報酬への期待を行動のバネとする人にはなるな

(11)

人間の能力というのは、そんなに大きな差はない。人の能力の差なんて、天才は別にして、秀才まで入れても最高5倍、普通は2倍ぐらいだ。しかし、やる気の差は100倍ある

(12)

革命の基本的な動機は、天国を建設することではなくて、地獄を破壊することである

(13)

クヨクヨ考えていたら、前向きの意欲を失う。成功するまで次から次へと挑んでいけばいい。成功するまで挑めば失敗などない

(14)

意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くの事をなす

(15)

人生すべて、やる気、根気、熱気

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存