目標がその日その日を支配する。目標に近づく為の言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

我々の計画というのは、目標が定かでないから失敗に終わるのだ。どの港へ向かうのかを知らぬ者にとっては、いかなる風も順風たり得ない

(2)

明確な目標を定めたあとは、執念だ。ひらめきも執念から生まれる

(3)

夢は、夢。目標とは違うんだけど、勘違いしてる奴が「夢をもっていきなきゃ」なんてごちゃごちゃにしている

(4)

愚者は最後に、利口者は中間で、賢者のみが第一歩で目標をとらえる

(5)

どちらも相手を通して自分個人の目標を何か達成しようとするような夫婦関係はうまくいく。たとえば、妻が夫によって有名になろうとし、夫が妻をとおして愛されようとするような場合である

(6)

正義はつねに目標でなければならず、必ずしも出発点である必要はない

(7)

成長できないのであれば、事業の内容を良くしなければならない。組織には挑戦すべき目標が必要である

(8)

究極の遠いゴールを見るより目の前の次のゴールを目標にする。一歩ずつ、一歩ずつ。そうでないと、誰でもときには気が滅入ってしまうから

(9)

今自分にできること。頑張ればできそうなこと。そういうことを積み重ねていかないと、遠くの目標は近づいてこない

(10)

子供たちを励まし、彼らの夢を明確にして、その目標に向かって導いてやるのが大人の役割です

(11)

僕は夢は見ない。常に目標を掲げる

(12)

大変な目標だ。だからこそ、チャレンジするんだ

(13)

人生に目標があるなら、堂々と口に出して言うべきだ

(14)

プロである以上、当然、優勝が目標だった

(15)

たとえ相手が自分の一番関心のある目標に導いてくれる指導者であっても、自分の気持ちを理解してくれない者には、ついて行かない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存