(生きるって何ですか?)愛する事。浜崎あゆみの名言

スポンサーリンク

(1)

別々の人間だから、言葉にしなきゃわかんない事もあるけど、繋いだ手から伝わる事もたくさんある

(2)

大事な人がいますか?その人を大事に出来てますか?失ってしまう前に、優しくぎゅっと抱きしめて

(3)

私じゃない人物が発する私についての話や噂によって形成されるのは、私の人格ではなく、あなたの人格だと思うんだ。どうかあなたの大切な時間をムダな事に費やさないでね

(4)

今日、忘れられない想い出がまたひとつ増えた。自分が信じ抜くと決めた人と創りたいものを作るためなら、何だって出来るのさ

(5)

そりゃ色々あるけど、今日一日の最後が笑顔のあなただったなら、それでいい。明日もきっと色々あるだろう。だけど、明日の今頃もきっと、笑顔のあなたで結局なにもかも許せるんだろう

(6)

きっと100%満たされることは一生ないと思うし、仮に\”これが私の100%\”って思ったら、そこで止まっちゃう気がする

(7)

こだわる事とか貫く事と、引きずる事は、別のものだと思うんだが。人生は短いのだ。後ろ歩きを覚えてるヒマはない

(8)

生きとし生けるものの全てに、必ず終わりがあるという事、どんな富や名声を手に出来ても、時間は全てに平等に流れていくという事、つまり人生は驚く程に短いという事を心に刻む

(9)

(人生は)短いね。逢いたい人全員に逢って、やりたい事全部やるには、本当に短い。だからと言って永遠を願いはしないけど

(10)

必要なのは ‘どう見られるか’ ではなく ‘どう在りたいか’ その信念を貫かせて頂だいた結果が今日の全てです

(11)

浜崎あゆみは個人であっても、すでに個体じゃない。だけど、すべての責任は浜崎あゆみを名乗る私にある

(12)

独りが寂しいのは独りだからじゃなくて誰かと一緒にいた事の記憶があるから、一緒にいる事の幸せを知ってしまったから。みんな孤独を抱えているからこそ、「仲間という希望」を欲しがっている

(13)

ひとりきりで抱える事の苦しさよりも、大切な人にまで抱えさせてしまった事への苦しみのほうがよっぽど辛いんだ

(14)

一年三ヶ月待ち続けてやっと、一番届けたかった人達に、一番届けたかった歌を、届けさせてもらえた2日間。14000人の想いがひとつに重なり空へと捧げた30秒間の黙祷、あの瞬間に感じた事すべて、忘れないよ。ずっとずっと忘れない

(15)

未来に叶えたい夢のひとつとして、一座全員の胸にしっかり大切にとっておく事に決めました。今はもう、新しいステージを創りだしています

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存