やりがいのある目標を目指せ。目標に近づく為の言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

人それぞれ、目標(数値)が違うわけですが、成功、失敗という境界はシンプルなのです

(2)

自分自身を高めることに目標を置かねばならない

(3)

現状のままで化石のように固まっていいのなら、怠け心に調子を合わせていれば事足りる。だが、成長することが成功だとしたら、毎朝、心新たに目覚め、終日しっかりと目を見開いていなければならない

(4)

一丈の堀を越えんと思わん人は、一丈五尺を越えんと励むべきなり

(5)

ほんの1分でいいから、定期的に「いちばん大切なことはなにか?」と自問するようにすれば、自分が定めた目標と摩擦するような選択をしていると気づくだろう

(6)

この世であなたの目標は幸福である。そして幸福になれるかどうかは金銭や名声に左右されない。ただ一つ幸福になれるかどうかを左右するのは、あなたのものの考え方だ

(7)

人に必要なのは才能ではなく、目標である。達成するための力ではなく、働く意思である

(8)

幸せは、決して目標ではないし、目標であってもならないし、さらに目標であることもできません。それは結果にすぎないのです

(9)

夢は目標の先にある

(10)

多くの人々は、自分自身の価値観や人生目的を明確にすることなく、能率的な自己管理や目標達成ばかり気にして生活するのである

(11)

綱領立案者の意義は、その目標の実現によってはかられるのではなく、その目標の正しさや、それが人類の発展におよぼした影響ではかられるのである

(12)

私はジムに入るとき、いつも大きな目標を意識している。そして同時に、その日その日の小さな刺激を与えることを忘れないようにしている

(13)

打てない時期にこそ、勇気をもってなるべくバットから離れるべきです。勇気を持ってバットから離れないと、もっと怖くなる時があります。そういう時期にどうやって気分転換するかは、すごく大事なことです

(14)

幸福、富、成功は目標設定の副産物である。それら自体では目標になりえない

(15)

海に吹く風は運命の道のようだ、人生は航海に似ているから。人の心が目標を決める、順風でも逆風でもなく

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存