夢は目標の先にある。目標に近づく為の言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

忘れてはいけないのは目標の数値化です。目標を数値化しない限りは、それを達成するための行動も具体化しません

(2)

分業だけ進行させると部分最適になり、本来の大きな目標の達成、すなわち全体最適にならない

(3)

自分はこんなもんだとあきらめずに、自分を信じて、また自分にうそをつかず、がむしゃらに自分の目標や夢に走り続ける人

(4)

失敗は罪ではない、罪とは低い目標をもつことだ

(5)

子供が変わる時は3つある。1つは 自分の中で“目標”ができた時。やったことが うまくいって“これが好きなんだ”と気付いて周りの人に褒めてもらったりするとますます やる気になる。もう1つは“みんなのためにやる”そういう時に やる気のスイッチが入る

(6)

子供は、努力を認められて育つと、目標を持つようになる

(7)

僕を目標にしているようでは、僕は抜けません

(8)

目標に近づくほど、困難は増大する

(9)

他の人たちは目的、目標を持っている。私は、生きているだけで、もう満足だ

(10)

夢や目標は、できるかできないかではない。やりたいか、やりたくないかだけでいいのです

(11)

人それぞれ、目標(数値)が違うわけですが、成功、失敗という境界はシンプルなのです

(12)

どんな不可能も、そこに挑む人にとっては目標にしかならない

(13)

リーダーシップとは人を動かす、先を読むこと。人を動かすのは生きがい、夢、希望、目標、目的、ビジョン、興味、関心

(14)

変転する状況のただ中で、ひとりの人間が終始一貫性を保つただひとつの可能性は、すべてを支配する不変の目標に忠実でありながら、状況に応じて変化することにある

(15)

目標が、本当の自分の目標でなかった場合、つまり、目標が偽りのものであった場合、それは失敗の原因になる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存