一歩踏み出せば、冒険が始まる。前進する為の言葉

スポンサーリンク

(1)

後悔はあきらめたときに始まる。夢に向けてチャレンジしているかぎり後悔はない

(2)

別にゴールデンタイムみたいな仕事だけが偉いんやないんです。小さな世界でも、そこで必要とされることに意味がある。そこから始まっていくんですよ

(3)

人生は、玄(くろ)い冬にはじまり、青い春と朱(あか)い夏を経て、白い秋に至る。暗い冬で終わるのではない

(4)

自分への教育は、自分の無知を認めることから始まる

(5)

すべては感動から始まる。感動するということは、心の中に何かがダイナミックに湧いた証拠。だから、何かに感動したら、とにかくそれに没入しろ

(6)

仁愛は我が家にはじまり、そこで終わらない

(7)

閉塞状況とは外に壁があるのではない。自分を変えようとしないところから始まる

(8)

物事、小事より大事は発(は)るものなり。油断すべからず

(9)

人生の悲劇の第一幕は、親子となったことに始まっている

(10)

どのように生きるべきか、何をするべきか、そこを考えることから人の道は始まる

(11)

人生の脚本を書き、演じるのは自分なんです。誰かが書いた脚本を演じているのでは、あまりに寂しい。いかに楽しい脚本を自分で作るか。楽しい役を用意するか。仕事はそこから始まるべきなんです

(12)

書くことのカギは、とにかく何でもいいから書き始めることです。それが今までに書いた中で最悪の文章であってもかまいません。いい文章はほとんどすべて、へたな下書きからはじまると言っても過言ではないくらいです

(13)

すべての挑戦は夢から始まる

(14)

創造の領域では、基準となるものは何もありません。自分自身の中に羅針盤を求めて、方向を定め、進んでゆかなければならないのです

(15)

今までのやり方(意見の言い方)を変えてみると、ずいぶんと利益があった。人との話し合いが、それまでよりもよほど楽しく進む。控えめに意見を述べると、相手はすぐ納得し、反対する者も少なくなった。私自身の誤りを認めるのが大して苦にならなくなり、また、相手の誤りも、たやすく認めさせることができるようになった

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存