すべての挑戦は夢から始まる。前進する為の言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

希望は絶えず我々に言う、「進め、進め」と。こうして我々は墓場に入っていく

(2)

革命の時期と進展を示唆することは不可能であり、多かれ少なかれ神秘的な法則に支配されるが、革命が来る場合には急激に進む。

(3)

くじけそうなのは、あなたが進んでいる証。しかられたのは、あなたが愛されている証。つらいのは、あなたがあきらめていない証

(4)

迷ったらば迷ったで進む

(5)

われらの目的は成功ではない。失敗にたゆまずして進むことである

(6)

隣人を積極的にたゆまず愛するように努めなさい。その愛の事業がすすむにつれて、神の存在も自分の霊魂の不死も確信されてくるでしょう

(7)

凡(およ)そ成功の岐(わか)るる所は僅(わず)かに一歩の差である。一歩先んじて進む者は成功し、後(おく)るる者は不遇を嘆(かこ)つ。故(ゆえ)に人は常に機を見るに敏なることを要する

(8)

精神が満足するのは、それが萎縮しているか、疲労しているかのしるしである。高貴な精神は自己の裡(うち)にとどまらない。それは常に自分の能力以上を望んで進んでいく

(9)

行動し、進むにつれ、行動を正せ

(10)

死に立ち向かって進む人間だけが、あんなに情熱を込めて歌えるのだ

(11)

時には、危険を冒して違う道を通らねばならないことがある。我々の暮らしは、そうでもしなければ物事を変えることなどできない。それに一度進んで、何か並外れた危険を冒せば、それがたやすいことがわかるだろう

(12)

すべての悪のうち、うわさが最も速い。うわさはその速さによって力を持ち、進むに従って勢力を得る

(13)

強者と弱者、大人物と小人物とを分けるものは、才能でも環境でもチャンスでもない。それは「根性」であり、「底力」だ。つまり決めたことは、何があっても不退転で進む、「勝利にあらずんば死」という断固たる一念だ

(14)

間違った道を進むより、後戻りしたほうがよい

(15)

大地を一歩一歩踏みつけて、手を振って、いい気分で、進まねばならぬ。急がずに、休まずに

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存