自分らしく歩けばいいよね。前進する為の言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

自分しか歩けない道を、自分で探しながらマイペースで歩け

(2)

神を捨てる者は、ランプを持って歩き続けるために太陽の光を消すような者である

(3)

どうしようもないわたしが歩いている

(4)

我々は高みに憧れるが、歩き出すことには無関心だ。山々を望みながら、平らな道を歩きたがる

(5)

霧の中をさすらうことの不思議さよ!生きるということは孤独であるということだ。どんな人も他人を知らず、だれもかれも皆ひとりだ

(6)

どのような道をどのように歩くともいのちいっぱいに生きればいいぞ

(7)

過去にしがみついて前進するのは、鉄球のついた鎖を引きずって歩くようなものだ

(8)

歩くと頭が軽くなる

(9)

道のありがたみを知っているものは、道のないところを歩いたものだけだ

(10)

人生は動く影、所詮は三文役者。色んな悲喜劇に出演し、出番が終われば消えるだけ

(11)

結婚をしないで、なんて私は馬鹿だったんでしょう。これまで見たものの中で最も美しかったものは、腕を組んで歩く老夫婦の姿でした

(12)

頭にいろんな情報をインプットしたあとに歩くと、頭が揺さぶられることで何かの答えがアウトプットされる

(13)

人生は歩く影にすぎない

(14)

自分のふさぎきった心を口笛で吹き飛ばして、他人までふさぎの巻き添えにしないように気を配る者が、もっといてもよさそうなものだ

(15)

長生きをしたければ中庸の道を歩け

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存