逆転の発想で勝利を掴む。逆転に関する言葉

スポンサーリンク

(1)

人生で困る時はたくさんある!例えば恋、仕事関係、交友関係、学生なら部活など人は様々な悩みを持ってる。だけどあまり考え込まないで
一人じゃないんだよ。周りを見たらきっと心配している人がいるから話してあげて。あなたの考えを、あなたの意見、あなたの思いを。この一度しかないたった一回の人生を楽しく、充実して生きるために

(2)

下見て歩いてちゃだめだよ!つまずくことを避けれても前に有る壁にぶつかっちゃうよ。だから、常に前にを見て大丈夫、神様はその人に合った乗り越えて欲しい事しかしないから

(3)

「天才」という言葉は聞こえは良い。これ以上のない誉め言葉だ。だけどそれをいう人間は努力しているか?下からその人を見上げて「天才」という言葉で片付けてないか?「天才」という人は「天才」の人たちの「努力」を知らない

(4)

不細工などの悪口を言われ「あんたも鏡見たら?」などという場面があるがこの対処法は間違っている。これをいうことで形勢逆転したつもりになるが不細工と言われた側の負け惜しみということになり、不細工という言葉は訂正されない。つまり現状なにも変わらず戦いに勝ち、勝負に負けたということだ

(5)

現場の社員や取引先と接することで痛感したのは、同じ考えや価値観を共有して、仕事をしていかなければ駄目だということだ。たしかに新商品、低価格といった戦術もあるが、一発逆転のウルトラCの効果は期待できない。まず私自ら負けを認めて、原点から出直すべきだと考えた

(6)

いまは成果主義の時代ですから、同僚はもちろん部下に追い抜かれる可能性も十分あります。逆に言えば自分がこの先、一発逆転できるチャンスもきっとある。5年先、10年先を見たときに、いま同僚に先を越されたなんていうのは、たいした差ではないんです。むしろその悔しさがきっかけになって、この先どうすれば自分が実力をつけられるのか、ということを考えられるようになればしめたものです

(7)

いろいろ試してみて前向きにやっていこうと思い直しても、このままでは出世競争で逆転できそうにない。でも、逆転したいとの思いが吹っ切れないのならどうしたらいいだろう。いっそ別のコースに挑んではどうでしょうか。たとえば、海外勤務を志望したり、地方の支社へあえて出向いて立て直すのです。こうした選択肢は以前よりも増えているはずです

(8)

米国に進出した当時、武田は米国の製薬会社に収益性の点で大きく水をあけられていました。彼らの土俵である米国市場で戦うためには、差を埋めるだけでは十分ではありませんでした。収益性で逆転して優位に立つぐらいでないと。だから高付加価値化によって1円でも多く稼げる会社にしたいと思ったわけです

(9)

弱点を逆転の発想で強みに変えてしまうのが、日本野球の象徴というべきところではないでしょうか

(10)

大事な決断こそ、その場で結論を出さずに先延ばしすべきだと思います。これは精神科医の経験からいえることなのですが、人間が大きなことを決断したがるときというのは、ストレスで心が弱っていたり、気持ちが追いつめられていたりする場合が多いのです。うつ病などで診察を受けにくる私の患者さんたちも、よいことも悪いことも含めて重要な決断をしようとします。何かしら大きな決断をすることで、無意識のうちに起死回生は一発逆転を図ろうとしている可能性が高いのです

(11)

お金のコントロール力には、次の3段階があると考えています。お金を管理する:家計を健全に回せるようになる段階お金を学ぶ:1で貯めたお金を活用する方法を学ぶ段階お金を運用などに活かす段階多くの人は、1の段階でつまずいてしまいます。その結果、一発逆転を狙ってハイリスク・ハイリターンな投資に手を出したりする人がいますが、お金を管理するスキルもないままに投資に手を出せば、失敗するのは必然です

(12)

従来、我々は、売り手と買い手の情報のギャップを利用して商売をしてきました。売り手のほうが常に多くの情報を持っていましたので、お客さまは信頼して我々が勧める商品を買っていたのですが、インターネットによって完全に逆転したのです

(13)

私が時間を有効に使いたいと考えるのは、「一分の大切さ」を身をもって知っているからかもしれません。テニスでは一分あれば試合の流れが変わります。負けている試合であっても逆転が可能なのです。ましてや、アスリートとしての私に残された時間は決して多くはないのですから、より一層時間を有意義に使いたいのです

(14)

現在の数字だけで比べるなら、知識と経験がある人のほうが有利でしょう。だけど、戦力評価というのはそんな単純なものではありません。私たちがみているのは、その人の未来の姿なのです。極端な言い方をすれば、いまは負けていても、2年後には逆転するだろうと感じさせてくれる人のほうが、決まったやり方でそつなく結果を出す人より、大きな魅力を私は感じます。じゃあ何がそう感じさせてくれるのかといったら、それは、仕事に取り組む姿勢や情熱、勢いなのです

(15)

長いシーズン、すべてがうまくいくということは絶対にありません。一打逆転のチャンスに起用した選手が三振して、その試合を落としてしまうこともあるでしょう。けれども、三振がその選手の成長につながるものであれば、それはチームの財産になります。だから僕はいつも、「この場面ではどの選手を起用すれば、たとえ失敗に終わった場合でもチームの将来にプラスになるか」を意識しながら、指揮を執っていました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存