退路も進路のひとつ。不安を振り払いたい時に読みたい言葉

スポンサーリンク

(1)

不安に打ち勝ち、自分の才能を信じ、情熱に従いなさい

(2)

過去のことを思っちゃダメだよ。何であんなことしたんだろ…って怒りに変わってくるから。未来のことも思っちゃダメ。大丈夫かな、あはぁ~ん。 不安になってくるでしょ? ならば、一所懸命、一つの所に命を懸ける!そうだ!今ここを生きていけば、みんなイキイキするぞ

(3)

人生はいいことも悪いことも連れ立ってやってきます。不幸が続けば不安になり、気が弱くなるのです。でも、そこで運命に負けず勇気を出して、不運や不幸に立ち向かってほしいのです

(4)

あなたの成功や目標達成をじゃまする唯一のものとは、あなた自身の考えや心で思っていることです

(5)

達成できる保証なんてどこにもありません。成功を信じて進むためには、絶対にあきらめないという執念を持つことが大事です。最後は「これができたら死んでもいい」というほどの覚悟。それさえあれば、自分の中で揺るぎない目標設定をして、計画的に準備を重ねることができるし、不安やストレスさえもエネルギーになります

(6)

キャンプブームが下火になり、売上も減少するという状況に、不安がなかったとはいえません。しかし、不安こそが人間を行動に駆り立ててくれるものです。困難に直面した時こそ前向きに考え、どのように行動するかが問われる

(7)

不安はこころの警戒警報。不安を感じたときは、こころが何か危険を感知している。こころの動きを素直に感じ取って、一歩一歩、丁寧に進んでいってみてください

(8)

失敗するのではないかという不安が失敗を招くのです。必ず成功すると思いなさい。そうすれば幸運はあなたにほほえみます

(9)

誰かと同じでないと不安だという考え方は、もったいない。もしそれが「失敗するのがこわいから」だとしたら、なおさらです。失敗したくないからみんなと同じことをするというのは、デフレ環境下においては全く合理的ではない。マーケットが縮小していくなかで、そのマーケットにおける平均的な行動をとるとしたら、自分が活躍できる分も減るのが道理です

(10)

良いことを考えれば、良いことが起きます。悪いことを考えれば、悪いことが起きます。あなたは、一日中、考えるとおりになります

(11)

不安というのはギャップである。自分が勝手に設定している「あるべき状態」と「現実の自分」とのギャップを意識したときに人は不安になる。だとしたら、不安を解消するにはどうしたらよいか。話は単純で、脳内で設定する「あるべき状態」を緩めるに限る

(12)

人間は起こることよりも、起こることに対する見解によって、ひどく傷ついてしまう

(13)

なぜ、不安を感じるのか。理由を探っていくと、最終的には自信の無さに行き着きます。ならば、自信を持てるまで練習をすればいい。不安を忘れるほど、一つの物事に集中すればいい

(14)

しっかりするのよ。自信がないなら取り戻すまで、不安があるなら吹き飛ばすまで

(15)

暇だから、不安という余計なことを考えてしまう。そんな無駄なことを考える余裕を、自分に対して与えないために、私はのんびりすることなんて、基本的にはない。常に前だけを見て突き進んでいる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存