不安になったら、深呼吸しなさい。不安を振り払いたい時に読みたい言葉

スポンサーリンク

(1)

楽あれば苦あり。怠けていれば何事も楽です。しかしそのかわりに、無知無教養で何の技術も取り柄もなく、ロクな仕事にもありつけず、お金は入ってきませんから、懐はいつも苦しくて、何事にも自信がなく、劣等感と不安感と焦燥感に付きまとわれ困ります。体を動かすのは面倒です。だからといって動かさなければ機能は退化します。運動不足で病気になります。醜くたるみます。太ります

(2)

男性は女性に肯定してもらったりほめてもらえないと、とっても不安になる動物なのです

(3)

不安・心配というものは、現実に起きてもいないことのためにクヨクヨと考えているものです。それはあなたの生命力を消耗させるだけで、何の得もありません

(4)

心の中では、いつも不安があります。でも、いつも自信のあるふりをすることを心がけています。そして確信に満ちた態度で「やれます」と挑戦を引き受けること。そして、それを証明してみせるために努力すること。そのくり返しによって、やがて「ふり」だった自信が、体験によって本物の自信に変わっていきます

(5)

いつもクヨクヨ悩んでいる人は、悩みの種が尽きないから悩んでいるのではありません。心が不安定だから、どんな問題でも否定的で不安な状態に見えてしまうのです。一刻も早くこの悪循環を断ち切る必要があります

(6)

70%の自信と30%の不安を持ちなさい。すると人は成長する。その30%を何とか埋めて、自信に変えようと思うから、それが努力というものにつながる

(7)

心配いらない。不安なだけでは人は死なない

(8)

不安・心配が先に立ってしまうと、何事もうまくいきません。不安や心配があったら、それを徹底的に分析してごらんなさい。いかに根拠のないものであるかがきっとわかるはずです

(9)

いま、日本は不安感に包まれています。経営者は価格競争のなかで疲弊し、競争優位性を探しあぐねている。そこから脱却するには、希薄化した顧客との関係性をつくり直すしかありません。社員とお客様との濃密な人間関係。これが企業を「何ものにも代え難い存在」にするのです

(10)

嫉妬は病気であり、嫉妬深い人々は、恐れと不安と劣等感に悩まされているのです

(11)

リカバーが可能だという予測があれば負の感情は収束できますが、解決策が見えてこない場合、負の感情はさらに増幅されることになります。「出口がない」という感覚が、焦りを呼び、不安感を募らせます。こうした負のスパイラルが始まったとき、「考える」は「悩む」へと変質を遂げるのです

(12)

企業にもフシがある。儲かっている時はスムーズに伸びていくが、儲からん時がひとつのフシになる。このフシの時期が大切なのだ。私はフシのない企業は、どうも不安で見ていられないような気がする

(13)

人は不安だから、絶対的な基準を欲しがる

(14)

作家が書くことだけでお金を稼ぐのは難しい時代になりました。私自身は、ありがたいことに昨年は『野心のすすめ』という新書がヒットして、金銭的にはとても助かりましたが、ヒットはユージュアルなものではありません。ですから、実は常に不安感を持っています

(15)

神が存在すると思わざる人は、自己を偽るものなり。たとえかかることを絶えず確信しても、日夜不安になるがゆえなり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存