不安になったら、深呼吸しなさい。不安を振り払いたい時に読みたい言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

今のままでも、いいんだ。と、私たちは、どうしても現状維持になりやすい。未知の世界は不安です。しかし、人生のロマンを求めるならば、勇気を出して新しいチャンスをつかむ事です

(2)

競争から生ずる不安や努力が、昔より苦しくなっているのではないか

(3)

もしもあなたが、自分ではそんなに悪い人間ではないつもりなのに損をすることが多かったり、頑張っているのに不運続きだと感じているとしたら、一度、自分は心の奥底で本当は何に焦点を当てているか、文字通り胸に手を当てて考えてみる必要があります。人を貶めるほどのことはしていなかったとしても、自分一人の不安感や近い将来のことばかり気にしがちではなかったでしょうか

(4)

親の喜びはひそかなものである。その悲しみや不安もまた同じだ

(5)

バブルの真っただ中、自分のスキルはたいして上がっていないのに、給料だけは年々上がっていく。でも、こんなことがずっと続くわけがないという漠然とした不安感がありました。何かをしなきゃとは思うんですが、何をしたらいいかがわからない。ともかくやっておいて損はないと思ったのが英語でした

(6)

どんな場所にいたって不安はあるもの。それなら自分のやりたい場所で夢を追いかける

(7)

フォーカスには恐怖が伴います。それを取り除くには、まず「適度に目標設定をする」ことです。数カ月ごとに、達成可能な目標をつくるのです。それをクリアできれば、「自分が進む方向は間違っていない」と確認できるので、不安感が取り除けます

(8)

他人の仕事に興味を持つのは、自分の仕事に不安がある時だけである

(9)

人と比べたときから不幸が始まり、あと先を考えることから不安が生まれる

(10)

高額所得を得ていて億万長者でない蓄財劣等生の36%は職を失うことに不安感を抱いているが、蓄財優等生ではその比率が19%でしかない。高給取りは漠然とした不安を抱えているにも関わらず、消費志向の強い生活を改めようとはしない

(11)

「何者かであり続けている」ことへの不安から、何者にもなれない人たちがいる

(12)

「ツッコミ」の眼。一つ、「ボケ」の小さなしくじりを見逃さない眼。二つ、「ボケ」の「安心」を、「心配と不安」にさせる眼。三つ、「ボケ」ができない時には、いつでも自分でやる体勢におく眼。四つ、「ボケ」の力に応じて、次のネタに移るか、どうするかを決める心の眼

(13)

今の自分に疑問や不安を感じたら、それは変化しなさいという心の声です

(14)

臆病な考えや、不安なためらいや、女々しい足ぶみや、あわれな訴えは、少しも悲惨を救うことができぬ。決して君を自由にせぬ

(15)

不安な時は楽しいことを考えるんです。元気が出ます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存