不安を持つから動き出す。不安を振り払いたい時に読みたい言葉

スポンサーリンク

(1)

不安に打ち勝った者は、もはやこの世に生きるのではなく、神の中に、永遠の中に生きているのだ

(2)

愛すれば、話が解る。愛すれば、心が通う。愛すれば、機転がきく。愛すれば、気苦労なし

(3)

不安は人生を蝕む錆であり、その輝きを破壊し力を弱める

(4)

大切なのは、けっして不安になりすぎないこと。すべてのことは、時がくればうまくいく

(5)

安定は愛を殺し、不安は愛をかき立てる

(6)

人間の値打ちというのはどこにあるのでしょうか。それは、ほかに似た人がいないということです。何をしたから値打ちがあるとか、何かをしないから値打ちがないとかいうことではありません。たったひとりの自分だから値打ちがある、と考えればいい

(7)

心配からどうしても逃れられない人がいます。そういう人は、自分の心の波長が心配の波長に同調しているのです。心は、考え続けていることを引き寄せてしまうのです

(8)

ヒット商品を生み出すコツは、人の不安につけこむことだ

(9)

人間の感情で最も無益な感情を二つ挙げれば、済んでしまったことへの自責の念とこれから行うことへの不安である

(10)

苦しみを恐れる者は、その恐怖だけですでに苦しんでいる

(11)

人間はみな荒野の旅人です。このありかたを孤独といいます。孤独というのは淋しいことではない。判断に不安がつきまとうこと。その不安に耐えることです

(12)

不安もプレッシャーもありますが、それをはねのけられるのは、納得できる練習しかないんです

(13)

大変恐ろしい法則があります。それは、いつも悪いことが起こるのではないかとクヨクヨ心配していると、本当に心配していた通りのことが起きるということです

(14)

結局のところ、あなたの道をふさいでいるものは、心の中にあるためらい、不安と恐れだけなのだ

(15)

不安を、ことによっては混乱を引き起こす作品だからといって、それだけの理由で非難してはならない。良い不安、有益な内面の反乱というものがあるのだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存