逆境にめげず、順境に酔わず。逆境に立ち向かう名言 part2

スポンサーリンク

(1)

友よ、逆境にあっては、つねに、こう叫ばねばならない。「希望、希望、また希望」

(2)

人間は逆境にあっては優れているが、安全と富を得ると、みじめで目的を失った生物となりがちである

(3)

逆境もよし、順境もよし。要はその与えられた境涯を素直に生き抜くことである

(4)

逆境とは、天が自分の宝石を磨くときに使うダイヤの粉塵のことだ

(5)

逆境、苦闘といった言葉は、言外にうしろ向きな意味あいを含んでいるが、実は、それらが生命の原動力だったのだ。逆境がなければ圧力はなく、圧力がなければ変化も起こらないからである

(6)

いかなる逆境、悲運にあっても、希望だけは失ってはならない

(7)

繁栄は友を作り、逆境は友を試す

(8)

踏まれた草にも花が咲く

(9)

人って苦しみや逆境があるから進化するんです。ちゃんと苦しみを味わって、ちゃんと落ち込む。それが、人を進化させるんです

(10)

朝の来ない夜はない

(11)

順境は友を作り、逆境は友を試す

(12)

本物は、逆境の中から生まれる

(13)

過去ばかり振り向いていたのではダメだ。自分がこれまで何をして、これまでに誰だったのかを受け止めた上で、それを捨てればいい

(14)

世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのか、問うてはならない。ひたすら進め

(15)

万策尽きたと思うな。自ら断崖絶壁の淵にたて。その時はじめて新たなる風は必ず吹く

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存