失敗とはより賢い再スタートのチャンスだ。始まりの言葉

スポンサーリンク

(1)

いつだって期待されたスタートじゃなかった。僕にはそれが似合ってる、いつだって自分の居場所は自分で見つけてきましたから

(2)

はじめた時がゼロ歳です

(3)

始めるのは 努力 辞めるのは 勇気

(4)

失敗とはより賢い再スタートのチャンスだ

(5)

気づいた時からがスタートだから

(6)

少なくとも強い友情というものは、ある不振と抵抗とから始まるのが自然らしい

(7)

婦人らしさとは母性のことである。全ての愛はそこに始まり、そこに終わる

(8)

自惚れは苦しみの源泉である。自惚れが消えた時から、人生の幸福な時期が始まる。美しさが衰えかけたとはいえ、まだ相当きれいな婦人でも、己の自惚れによって不幸になるし、滑稽にもなる

(9)

悪魔であるのか、天使であるのかそれは知らない。女にあってはどこで天使が始まり、どこで悪魔が始まるのかもわからない

(10)

愛の優しい力を見くびったこところから生活の誤謬は始まる

(11)

もしも悪をひとつの宿命と見なすならば、自由はどこにあるのだろうか。実に悪は人格とともに始まる

(12)

恋愛は恋情によって始まる。したがって、いかに強い友情からも弱い恋情にしか移行できない

(13)

世間の人たちを見るがいい。やっと告白が始まる時にはもう欺いている

(14)

悪徳は、習慣が始まるところに始まる。習慣はサビである。それは魂の鋼鉄を蝕む

(15)

恋すると誰でも自分を欺くことから始まり、他人を欺くことで終わるのがつねである。これが世の、いわゆるロマンスである

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存