創造は真似ることから始まる。始まりの言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

零は始まりにすぎない

(2)

常に前進を目指さないと、そこでストップし、後退が始まってしまう

(3)

人間なんてしょせん、おしめに始まりおしめに終わる

(4)

試合が始まれば考えてなかった。目の前に集中。明日も今日と同じように全員で

(5)

この一文を変える事には 大きな意義があるはずだ 冒頭の決まり文句を まず打破する事から始めなければ 大胆なアレンジなど到底期待できない 改革を行うには まず始まりの扉をブチ破る勇気が 何より大切なのだ

(6)

実際の事業が始まって営業を開始するときには、全体構想の9割は終わっていないといけないんです

(7)

契約書にサインをした瞬間から、クラブを去るカウントダウンが始まる

(8)

悪魔であるのか、天使であるのか、それは知らない。女は、どこで天使が始まり、どこで悪魔が始まるのかもわからない

(9)

星座は星と星を結んだ形がお話になるでしょう 人間も同じ… 人と人とが手をつないで 初めて物語が始まるんです

(10)

恋の始まり方はいつも二パターンである。 1、いつ好きになったか分からない恋 2、一目惚れでいつ好きになったかはっきり覚えている恋

(11)

これから先その手をつないで始まるのがたとえ飛べない物語だとしても 僕たちはもう落ちない 伸ばした手と手をつなげながら 一歩ずつ 地面を踏みしめていくんだ

(12)

名将が指揮した戦闘は、絵に描いたような展開で終始する

(13)

職業には貴賎はないが、生き方には貴賎はある

(14)

さんざん長話をしたあげく‥‥‥これからおれのテストが始まるのか

(15)

終わってねえ!!始まってすらいねえ!!ちっとぐらい長いプロローグで、絶望してんじゃねえよ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存