朝起きるたびに未来が始まる。始まりの言葉

スポンサーリンク

(1)

君の旅は夜明けに始まる太陽が頭上に輝く限りあなたの旅は快いものになるだろう

(2)

世界の平和は、まず家庭の平和から始まります

(3)

過ぎ去った人と新しく出会う人終わりと始まりで物語りは進むだとしたらそれに伴った悲しみさえ 生きていく上でのルールだから

(4)

本当はライヴビデオを出すという行為、あまり好きではないんです。ライヴばっかりは来てもらわないと始まらないでしょ

(5)

だから、僕らはずっと科学を駆使してやってるけど、馬鹿なところから発想が始まってる、そうだろうという部分。それと、これのシンボライズしているものは“缶”なんです

(6)

最良の本は我々に絶えず問を掛けてくる本である。かくして問答が始まる。問は問に分れ、答は新たな問を生み、問答は尽きることなく発展してゆく

(7)

すべてはセールスから始まる

(8)

どんなことだって“やってみる”から始まるんだ

(9)

最高な人生を送ってやろうと 決意してから ゼロの位置まで登った 夢を描けば旅は始まる 1つ目の夢がゴールすると 2つ目の夢の扉が開かれる

(10)

真の自覚は単なる知的自覚にあるのではなく、意志的自覚にあるのである。働く自己にして始めて内容を有する自己ということができ、意志することは真に自己自身を知ることである

(11)

敷かれた道を進むより、道なきところに自ら道を築いて進め

(12)

人類史上の進歩のほとんどは、不可能を受け入れなかった人々によって達成された

(13)

一を以て之を貫く

(14)

僕の人生はそれほど長くないだろう。だから僕は一つのことしか目に入らない無知な人となって仕事をするつもりだ。ここ数年のうちに何がしかの仕事をやり遂げてみせる

(15)

「まだその時期じゃない」「環境が整っていない」とリスクばかり強調する人がいるが環境が整っていないことは、逆説的に言えば、非常にいい環境だと言える。リスクの大きさはその価値を表しているのだと思えば、それだけやりがいが大きい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存