子供に夢を持たせたければ、大人こそ夢を持て。始まりの言葉

スポンサーリンク

(1)

できる事でもできぬと思えばできぬ。できぬと見えても、できると信ずるがためにできることがある

(2)

未来は美しい夢を信じる人のためにあります

(3)

未来とは、今である

(4)

運命に定められた道を進むとき、なすべきことを愛するとき、人は内に秘められたすばらしい力を発揮する

(5)

人間の良心は 多数決に従わない

(6)

本当に進むべき道を選ぶには、自分のひらめきだけがたよりです。理性が教えてくれるのは道の先になにが待ち受けているかだけです。本当に自分を賭けることができるかどうかは、教えてくれません

(7)

わたしたちのつとめは、この素晴しい世界になにか貢献すること

(8)

行動にはつねに危険や代償が伴う。しかしそれは、行動せずに楽を決めこんだ時の長期的な危険やコストと較べれば、取るに足らない

(9)

この世界に安全などない。チャンスがあるだけだ

(10)

(春は)何もかも捨ててしまうには とてもいい季節かもしれない 心を空っぽにしなくちゃ また 新しい始まりもない

(11)

桜は散るが始まり。桜は散った時が終わりではなくて、散った時に既に次のシーズン目指してスタートしている

(12)

始まりは怖い。終わりはたいてい悲しい。でも、一番大事なのはその間よ

(13)

最初の赤ちゃんが初めて笑うと、その笑いが千に割れて、その笑いの一つ一つがみんなピョンピョン飛び回り出しました。それが妖精の始まりです

(14)

自分の良心に耳を傾けましょう。きっと最高の親友になってくれるでしょう

(15)

ほんとうに心が傷つくのは、夢を奪われること

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存