子供に夢を持たせたければ、大人こそ夢を持て。始まりの言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

ほんとうに正しいことのために戦ったのなら、負けても恥じることはない

(2)

価値あるものを手に入れたければ、それ以外のすべてを捨てることも必要かもしれない

(3)

ほんとうに大胆な冒険は、自分の中からはじまる

(4)

あなたの大きな夢を萎えさせるような人間には近づくな。たいしたことない人間ほど人の夢にケチをつけたがるものだ。真に器量の大きな人間は自分にも成功できると思わせてくれる

(5)

私は起業家という言葉をいつも拒否してきました。「会社を始めよう、何の会社にしようか」では決して成功はないと思います

(6)

失敗を覚悟で挑み続ける。それがアーティストだ

(7)

人が人の世のためを、本位として生きる時、その心の中に、卑しい不平不満の火は燃えない

(8)

成功という理想は、そろそろ奉仕という理想に取って替わられてしかるべき時だ

(9)

人として生まれたからには、太平洋のように、でっかい夢を持つべきだ

(10)

若者の多くは、自分たちに未来はない、やることなど残っていないと思っている。しかし、探検すべき道はまだたくさん残っている

(11)

幸福は自己満足によってではなく、価値ある目標に忠実であることによって得られる

(12)

いつ前に進むべきかは、自分の魂がおしえてくれるわ

(13)

自分の目標を達成している人、あるいは今の自分に本当に満足している人には滅多に出会うものではない。それなのに人生を左右するような問題の選択を大多数の意見に委ねるべきだろうか

(14)

進むべき道を進めば、賢くなるわ

(15)

男子は生あるかぎり、理想をもち、理想に一歩でも近づくべく坂をのぼるべきである

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存