ほんとうに大胆な冒険は、自分の中からはじまる。始まりの言葉

スポンサーリンク

(1)

信念、それは人生を動かす 羅針盤のごとき尊いものである。従って信念なき人生は、ちょうど長途の航海の出来ない ボロ船のようなものである

(2)

成し遂げんとした志をただ一回の敗北によって捨ててはいけない

(3)

自分に何ができるかは、自分以外の者には分からない。いや、自分でもやってみるまではわからないものだ

(4)

翼を持たずに生まれてきたのなら、翼を生やすために、どんな障害も乗り越えなさい

(5)

何としても二階に上がりたい、どうしても二階に上がろう。この熱意がハシゴを思いつかせ、階段を作りあげる。上がっても上がらなくてもと考えている人の頭からは、ハシゴは生まれない

(6)

他人のためになけなしの財産を投げ出せる女は、貧乏なんて怖くない

(7)

人間というものは、いかなる場合でも、好きな道、得手の道を捨ててはならんものじゃ

(8)

お前の道を進め、人には勝手なことを言わせておけ

(9)

常に自分の中に答えを求めなさい。周りの人や、周りの意見や、周りの言葉にまどわされていはいけません

(10)

人生には損得を超越した一面、自分がこれと決めたものには命を賭けてでも、それに邁進するという一面があってもよいのではないだろうか

(11)

これだけは知ってほしい教訓。自分らしく生きるためには失うものもある

(12)

魂のこもった青春は、そうたやすく滅んでしまうものではない

(13)

やったことは、例え失敗しても、20年後には、笑い話にできる。しかし、やらなかったことは、20年後には、後悔するだけだ

(14)

夢を持て!でかければでかいほどいい。とにかく、夢を持て。大ぶろしきをひろげておさまりがつかなくなってみろ、やらざるを得なくなるではないか

(15)

理想を持ち、信念に生きよ。理想や信念を見失った者は、戦う前から負けているといえよう。そのような者は廃人と同じだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存