自分を「弱い」などと思わないことです。強くなりたい時に読みたい名言 part2

スポンサーリンク

(1)

人類の成し遂げたあらゆる大工事の成果は、辛抱強さと何事にもめげぬ、たゆまぬ努力がもたらした好例である

(2)

成功者たちの共通点は、成功していない人たちの嫌がることを実行に移す習慣を身につけているということである。彼らにしてみても、必ずしも好きでそれを行っているわけではないが、自らの嫌だという感情をその目的意識の強さに服従させているのだ

(3)

うまく武力を用いる者は事を成し遂げるだけだ。強さを見せつけるようなことはしない

(4)

竹に節がなければズンベラボーで、とりとめがなくて風雪に耐えるあの強さも生まれてこないであろう。竹にはやはりフシがいるのである。同様に、流れる歳月にもやはりフシがいる。ともすれば、とりとめもなく過ぎていきがちな日々である。せめて年に一回はフシを作って、身辺を整理し、長い人生に耐える力を養いたい。そういう意味では、お正月は意義深くて、おめでたくて、心もあらたまる

(5)

勝負強い人は今から勝負だと言ってもらいたい。勝負弱い人はさっきのが勝負だったと言ってもらいたい

(6)

人間は、強くてきたないということは許せないんだよ、だいたいね

(7)

岩石の中の荒々しい禁欲よりも、生命の最も優しい発現の中にこそ、さらに強いものがあり、さらに多くのヒロイズムがあることを日本は知っています。真の強さは広漠たる荒地にはなく、限りなく甦る美によって、時の容赦ない歩みにもくじかれぬ、緑の草の生命の勝利にあるのです

(8)

「辛抱強さ」や「冷静さ」は知能指数よりも重要かもしれないと、私は思っています

(9)

大切なのは、弱さを知る強さを持つこと

(10)

強さは結果じゃなく、そこを目指す過程の中にこそ

(11)

本当の強さとは、優しさだ

(12)

誰もが言う「何が何でも実現したい」という言葉をどのくらいの強さで思うかが大事

(13)

記録を達成するたびに、自分の強さを感じるのだとしたら、記録は達成して当然ですが……実際は、まるで逆です

(14)

成功には、粘り強さより、大切なものはない。粘り強ければ、いかなる障害も越えられるから

(15)

大切なのは、不可能と可能を見分ける力だ。単に難しいだけなら、あとは貫き通そうとする精神力と、ねばり強さがあればなんとかなる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存