優秀さとは、行為でなく、習慣なのだ。ゴールに向かう言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

有能な者は行動するが、無能なものは講釈ばかりする

(2)

とにかく、始めることが行動の原動力であり、始めさえすれば、それだけで行動の半分を達成したことになると思うの

(3)

人間の行動は、ただひとつのきっかけだけでそんなに変わるものではないと僕は思う。きっかけがあるように見えても、それまでにいくつもの目に見えない出来事が積み重なっていたはずだ

(4)

誠意や真心から出た言葉や行動は、それ自体が尊く、相手の心を打つものです

(5)

自分自身でものを考え、自分自身で判断し、自分自身で行動し、自分で責任を取れ

(6)

私は行動に偉大であった者を英雄とは言わない。その心において偉大であった者を英雄と呼ぶ

(7)

現場での実力というのは、やれるかやれないかなんですよね。百の言葉より一の行動で、仲間の信頼が得られる実力を持った人、それがプロフェッショナルだと思います

(8)

優秀な人物の中には、何事も即席ではできず、何事もおざなりに済ますことができず、いつも一つ一つの対象をじっくりと深く追求せずにはいられない性質の持ち主がいるものだ。このような才能というものは、しばしば我々にじれったい気を起こさせる。すぐさま欲しいとねがうものを、彼らはめったに満たしてはくれないからだね。けれども、こういう方法でこそ、最高のものがやりとげられるのだよ

(9)

とっぴな考えは行動に移すな

(10)

偉大な行動や思想は、ばかばかしいきっかけで生まれる。街角やレストランの回転ドアから、名作は生まれるのだ

(11)

あなたの話は誰も信じてもらえないかもしれない。でも、あなたの行いは、誰もが信じることでしょう

(12)

どんな行動にも、必ずそれと等しい反対の反応があるものである

(13)

成功は愛着を生み思考と行動を習慣化し、過信を生む。意味のなくなった成功は失敗よりも害が大きい。

(14)

考えるということは、自分と対話すること。自分自身に語りかけ、次の行動を決めなさい

(15)

日本は明らかに高すぎるハードルを設定している。思想信条の自由を制約しようとするかのような政治・行政行動もみられる。成果主義的な切り捨ても、包摂性とは逆行するベクトルだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存