成功は失敗の彼方にある。成功する為に読んでおきたい言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

自分だけしか歩めない大事な道ではないか

(2)

準備十年、成功五分

(3)

ひとりの人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ

(4)

偉大な事業を完成するためには、人は常に緊張をしていなければならない

(5)

コンサートが成功するかどうかは最初の練習で決まります。たとえ初顔合わせであっても指揮者が式台に上がった瞬間に楽団員はその個性を敏感に見分けるものです。指揮者に求められるのはまず第一に人間的な信頼を基にしたオーケストラ掌握力、つまり人格なのです

(6)

失敗した原因をさかのぼって追求し、新しい理論や技術を発見するのが肝要だ。いわば逆算からの出発である

(7)

1番になるための方法、それはただ楽しむことだ

(8)

成功した時にスポーツ紙の一面になるのは普通の選手。失敗した時にスポーツ紙の一面になる選手は限られている。一面で失敗を取り上げられ叩かれることに誇りを持てばいい

(9)

成功者が、神のとくべつな加護があったと自慢するとき、神は恥ずかしくおもう

(10)

事業の成功は、精一杯チャレンジを続けていれば後は確率論の問題です。失敗を恐れずに、様々な手段を次々に試していれば、必ずどこかで当ります。卵は数を生まないと、試練に耐える鮭は生まれてこないわけです

(11)

ナンバーワンのところと組むことに成功すれば、あとは黙ってもすべてがうまくいく。そういうものです

(12)

自分自身を説得できるかどうかが、成功の第一条件

(13)

成功する者と失敗する者の違いは、頭の差より性格の差の方が大きい

(14)

オレはちゃんと見てる。頑張っているところも、プライベートもすべて、だから自分を信じてやれ

(15)

団結すれば成功できるというポジティブなメッセージを伝えたい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存