夢のある者には希望がある。希望の灯を消さないための名言 part2

スポンサーリンク

(1)

失われる希望というものは希望ではなく、期待という如きものである。個々の内容の希望は失われることが多いであろう。しかし、決して失われることのないものが本来の希望なのである

(2)

健康を持つ人は希望を持つ。希望を持つ人はすべてを持つ

(3)

生命のあるかぎり、希望はあるものだ

(4)

たとえ、いかなる逆境、悲運にあおうとも、希望だけは失ってはならぬ。「朝の来ない夜はない」のだから

(5)

必要なことはただ一つ、できると信じることだ

(6)

思うに希望とは、もともとあるものともいえぬし、ないものともいえない。それは地上の道のようなものである。もともと地上には道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ

(7)

希望とは一般に信じられている事とは反対で、あきらめにも等しいものである。そして、生きることは、あきらめないことである

(8)

希望は強い勇気であり、新たな意志である

(9)

強い精神は常に希望を抱き、希望の根拠をもつ

(10)

明日は即ち永遠の始めにして、明日といえる希望は即ち永遠の希望なり

(11)

何物も断念することを欲しない者は真の希望を持つこともできぬ

(12)

希望とは、物事がそうであるから持つものではなく、物事がそうであるにもかかわらず、持つ精神なのです

(13)

希望は頑丈な杖で、忍耐は旅の着物

(14)

行動は希望とは引き離せないものだ。希望はまさに人間にしかないものらしい。そこで、個人においては、希望の終わりは死の始まりと思いたまえ

(15)

希望は風雨の夜に早くも朝紅をさす

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存