できると信じることだ。希望の灯を消さないための名言

スポンサーリンク

(1)

我々にふさわしいものは、快活と勇気、希望を実現しようとする努力である

(2)

愛が深いところには、絶え間なく、希望が流れ込んでくる

(3)

希望が人間をつくる。大いなる希望を持て

(4)

過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。大切なことは、何も疑問を持たない状態に陥らないことである

(5)

行動は希望とは引き離せないものだ。希望はまさに人間にしかないものらしい。そこで、個人においては、希望の終わりは死の始まりと思いたまえ

(6)

どんなに自暴自棄に見える人間だって、希望のかけらって奴は持ってる

(7)

私たちの最大の希望は、とにかく子供たちである。未来という重い課題を現に担っている子供達は、重苦しい過去という遺産に圧しつぶされてはならない

(8)

希望とは一般に信じられている事とは反対で、あきらめにも等しいものである。そして、生きることは、あきらめないことである

(9)

希望 ー それ自体は幸福の一様態にしか過ぎない。だが、ひょっとすると、現世がもたらし得る一番大きな幸福であるかもしれない

(10)

この年になると希望なんてあるわけがないよ。瞬間瞬間を生きている。だけど時に人生には素晴らしい瞬間もある

(11)

希望はいいものだよ。多分最高のものだ。いいものは決して滅びない

(12)

立ち直るためのカギは「希望」である

(13)

もし暗い日々がなかったら、光の下で歩くことがどんなものなのか、わからないだろう

(14)

毎朝自分にとってありがたいもののことを考えて、一日を始めることだ。人の未来は自分が今日考えていることに非常に大きく左右される。だから希望と自信、愛と成功のことばかり考えるのだ

(15)

悩むかぎり希望をいだけ。人間の最高の幸福は、常に希望、希望である

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存