できると信じることだ。希望の灯を消さないための名言 part2

スポンサーリンク

(1)

人の世には道は一つということはない。道は百も千もある

(2)

虫だって光の好きなのと嫌いなのと二通りあるんだ!人間だって同じだよ、皆が皆明るいなんて不自然さ

(3)

無理をしなくても一人一人が出来ることから関わっていくことで、色んなものが変わっていく気配を見せる。それを希望というのじゃないかな

(4)

不死不滅という希望なくしては、何人といえども、国家のために死ねるものにあらず

(5)

闇があるから光がある。そして闇から出てきた人こそ、一番ほんとうに光の有り難さが分かるんだ

(6)

不運ばんざい!運の女神に見放され、この世の最低の境遇に落ちたなら、あともう残るのは希望だけ、不安の種も何もない

(7)

俳優の務めは、人に感動や勇気を与えることだ。悲しみを希望に、苦しみを勇気に変えることができるのが俳優だ

(8)

深海に生きる魚族のように、自らが燃えなければ何処にも光はない

(9)

絶望の天敵は希望である

(10)

自分を変えたいという希望は、誰でも持つものだが、“変わる”のではなく、個性を磨いて“成長”していくんだ

(11)

昨日から学び、今日を生き、明日に希望を抱け

(12)

出来ることから始めなさい。第一歩から始めなさい。いつも必ずこれ以上できないという限界があります。あまり多くやろうとすると、何事もなし得ないでしょう

(13)

空気と光と、そして友人の愛。これだけ残っていれば、気を落とすことはない

(14)

何かを約束することが大事なんだよ。実際にはその約束を守れなくてもね。人間は、希望だけで今まで生きてこられたんだから

(15)

明日は即ち永遠の始めにして、明日といえる希望は即ち永遠の希望なり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存