困難の最中にチャンスがある。チャンスを掴み羽ばたく為の名言

スポンサーリンク

(1)

生きている上で襲い掛かってくるどんなピンチもこれは自分の人生にとって必要必然であると考えれば、ピンチこそ最大のチャンスになります

(2)

不況の時こそ会社発展の千載一遇の好機である。商売は考え方一つ、やりかた一つでどうにでもなるものだ

(3)

偶然やトラブルを愛する。事前の計画にはない偶然を受け入れることは、世の中と足並みを揃えるチャンスでもある

(4)

自分の大好きなことをやり、もっとも尊敬している人のところで働きなさい。そうすれば、人生で最高のチャンスを得ることができます

(5)

テスト生だろうと、入団してしまえばあとは実力の世界。チャンスがゼロということは絶対にない

(6)

悩みは常にチャンスを内包する

(7)

みなさんの好意や協力が、折り重なって積みあがって、チャンスを広げてくれる。だから、まっすぐ、志をぶらさず、努力を忘れず、いつも笑顔で生きていく

(8)

夢に対して責任というのは強すぎる言葉に思えるけど、でも、それぐらいのチャンスはつかめないってことなんじゃないかな

(9)

蓮の花の値打ちは泥の中で育っても美しい花を咲かせること。悩みや苦しみは自分を鍛えるチャンス

(10)

チャンスは時間があり余っている人を何とか探し出そうとするように思いますが、実はそうではなく、目標と夢、そしてそれを達成するための計画を持っている人の前に現れるのです

(11)

好機を捉える方法は、不意打ちが一番良い

(12)

運をつけるには、いつも自分のセンサーを研ぎすまして、磨きをかけておかなければなりません。その準備がなければ、幸運も見逃してしまいます。「これはチャンス!」と直感したら、対応するのに手間取ってはダメです

(13)

思い立った瞬間というのはメリット、デメリットという不純物が入っていないため、思いがけないチャンスに繋がる時があるからだ

(14)

すらすらといくらでも溢れ出てきて、無限につくれるような気がするときもある。壁にとじこめられて、悩めば悩むほどいきづまってしまう絶望の季節もある。そういうとき、どうするか。焦らない、自分と向き合うチャンスだと思ってじっくり腰をすえて自分はほんとうに何がしたいのか、見極めることだね

(15)

残りの人生も砂糖水を売ることに費やしたいか、それとも世界を変えるチャンスが欲しいか

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存