皆、誰かの世話になっている。ありがとうの言葉

スポンサーリンク

(1)

人を誹謗中傷してはいけない。反省、感謝、報恩の心を忘れず、名誉や地位や学歴、金、家柄などで人の価値を計らない

(2)

幸福人とは、過去の自分の生涯から満足だけを記憶している人々であり、不幸人とは、その反対を記憶している人々である

(3)

今が楽しい。今がありがたい。今が喜びである。それが慣習となり、天性となるような生き方こそ最高です

(4)

感謝するに値するものがないのではない。感謝するに値するものを、気がつかないでいるのだ

(5)

ある程度お金を得た後は、自分のためだけでなく、周りの人が幸せになるために使う。お金は「道具」であると認識し、なんのために手に入れるのかを明確にする。「ありがとう」が載ったお金を集めなければ、事業は発展しない

(6)

働く意味は、他人から「ありがとう」を集めることにあると思います

(7)

〝いいこと〟を足していけば、人生が今より、うんと楽しくなるよ。誰でもみんな何かしら、〝いいこと〟があるんだよ。人間って、誰でも光を持って生まれてきているんだよ

(8)

「いいこと」と「感謝」は、交互にやって来る。「感謝」を忘れた時点で、「いいこと」も止まる

(9)

まわりの人にどれだけやさしく生きられるか。それができれば僕の人生は幸せ

(10)

世界で一番カッコいいのは「まちがった」と言える人だ

(11)

苦しくなったら、苦しみを味わえるだけ生きているんだと感謝した。うれしいときはまた喜べるんだと、また感謝した

(12)

ラクに生きてる人って、感謝が多い。イヤなことにも感謝する。もちろん、よかったことも感謝する

(13)

「当たり前」とは 「有り難い」ことである。 今の現状を当たり前と思ってはいけない。 何事にも感謝の心を

(14)

ほんとに大事なモンってのは、持ってる奴より持ってねー奴の方が知ってるもんさ

(15)

動物の中でも人間だけに与えられた能力がある。 それは「言葉」「笑顔」そして「感謝」である

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存