ふとした瞬間にその人が浮かぶ。恋愛の名言 part2

スポンサーリンク

(1)

男も女も、愛を欲しがってたら、誰が愛を生産するの

(2)

よくさ、好きになった理由を知りたがる奴がいるけど、好きになった理由があるってことはそれは嫌いになる理由にもなるってこと本当に好きなものに理由なんてない

(3)

打ちのめされて倒れたら寝返りをうって星を眺めよう

(4)

普通、男っていうのはさ、女の子が手をつないで欲しいとか、キスして欲しいと思っている時は、わかるもんだよ

(5)

キミは本当に彼に惚れてるのかな?僕は惚れてないと思うね。本気で好きで好きでしょうがなかったら、彼にどんな過去があろうと、どんな状況だろうと気にならないはずさ

(6)

自分の頭で考え、自分の言葉で表現してこそ、その人のオリジナリティになり得て、相手の心にも届くのです

(7)

口説かないことが最大の口説きなんじゃないですかね~

(8)

(恋人とは)「彼女さえ味方であれば、世界中が敵でも構わない」そういう風に思わせてくれる存在かな

(9)

初めから理想の男をめがけて行くとダメなんですよ(笑)。出会いの運もあるし、他の可能性を狭めてしまうかもしれないし

(10)

最初から理想の人を探すよりは、二人で成長していく気持ちがあって、コミュニケーションを取れる人がいいかな

(11)

追いかけないのが恋愛の武士道である

(12)

甘酸っぱくてキラキラした青春や恋愛ものもいいと思いますが、言葉を交わさなくても目配せで伝わる大人な恋愛観はグっとくると思いますね

(13)

縛り合うよりは、自由な恋愛が理想

(14)

(浮気について)絶対許せないという感情は芽生えると思うのですが、一瞬の気の迷いや浮ついた気持ちは出てくる人もいると思うので、そこは見て見ぬ振りや気付かない振りをしてしまうかもしれないですね

(15)

つき合い始めは(自分を)よく見せようとすることが多いと思うのですが、本当の自分をさらけ出し、嫌なところも含め(素の)自分を好きになってもらうことが大事だと思います

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存