人を愛する覚悟をした人間は強い。恋愛の名言

スポンサーリンク

(1)

簡単にモテちゃう「いい女の極意」なんて虫のいい話はありません

(2)

女についていいことを思いついた。女がどんなに年をとっても、一番美しかった頃のことを思い浮かべればいい、ということだ

(3)

愛は信じ合っている時、美しい

(4)

ふたりの愛を深くするにはふたりを遠く引き離しさえすればよい

(5)

愛情だけが二人の中を結んでいる。無条件の関係だから、男も女も相手に対して、いい加減になれない。その緊張感が女を、また異性としての男を磨くのだ

(6)

女は異国の土地である。どんな若い頃移住したとしても、男はついにその習慣、その政治、その言葉を理解しないだろう

(7)

時には味方、時には敵。恋人だったこともあったかな

(8)

オレはな、3つの条件のそろった女を見ると、どうしても欲しくなる。ひとつは美人であること。次にプロポーションがいいこと。そして、もうひとつはオレのテキであること

(9)

想いはいつか通じるのだろうか、でも気持ちは全て口に出していいものでもなくて、だけどあふれてあふれて出てくるものは仕方がない。誰にも止められない、それが相手に届いても届かなくても

(10)

友情に曲をつけると、愛になる

(11)

たとえばあなたがこう言うとき、わたしはあなたを憎むでしょう。「ふたりでいられるよう努力しなければいけない」それは違う、そこに居たいと思わなければ意味がないのです

(12)

至極純粋な愛を伝えることに長けている生き物は、犬と幼児だけだ

(13)

愛は、「理解」と「誤解」という、奇妙で理解しがたいふたつの要素を、不可欠なものとして含んでいる

(14)

愛は中断するのが最も難しく、それでいて満たすことも最上級に難しい習慣なのよ

(15)

愛は、炎を帯びた友愛のようだ。始まりは非常に可愛らしく、ときに熱く激しく煌めいている。時を経て愛が育つと、我々の心も熟成し、やがて愛は燃える石炭と化す。それは決して消えることなく、深く燃え続けるのである

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存