どんな失敗をしても、人のせいではない。宮里藍の言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

成功する前には、必ずつらい時やスランプがある。それだから、新しいことを学んだり覚えたりできるんだ

(2)

スポーツも勉強も、難しい問題に対してしっかり準備しておこう。そうすればあわてないで行動できる

(3)

「なまけたい」という自分の気持ちに勝つことができれば、試合の相手にも勝つことができる

(4)

ボールを打つのは自分。どんな失敗をしても、人のせいではない。自分のどこが悪かったかよく考えよう

(5)

試合に負けた悔しさを忘れてはいけない。次はそういう思いをしないように、がんばって練習するんだ

(6)

結果は全く予想できないけど、とにかく目の前の瞬間に集中して、自分の力をしっかり出せるように頑張るのみです

(7)

可能性っていうのはみんなが持っていると思うんですけど、それをどう出していくかっていうのは自分次第だと思いました

(8)

私はプロゴルファーである前に、1人のウチナーンチュ(沖縄人)。自分の故郷を誇りに思いながら、ゴルフを通じて感謝の気持ちを表現できたらうれしい

(9)

どんな試合もベストを尽くしたい

(10)

1打というのは運でもあるし、実力でもある。一つひとつ経験することが力になる

(11)

自分に甘い事もたくさんありますけど、でも自分の選択に自信を持って頑張りたい。人生を楽しみながら、ゴルフが出来る事に感謝して楽しみたいと思いました!

(12)

(あの不調は)長い目で見ていい経験になったと思っている。いかに自分をよく理解していかなくちゃいけないかを学ぶことができたから

(13)

今の課題は、どれだけ無駄のない練習をするか

(14)

時にはネガティブになる事もいいと思います。自分を信じれなくなってもいいと思います。ゼロになったとしても、またひとつずつ積み重ねていけばいいのですから。ただ、それだけの事

(15)

急激な成長は望んでいません。近道はないのです。コツコツと、ひとつひとつ丁寧に

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存