嫉妬は恋の姉妹である。恋愛の名言

スポンサーリンク

(1)

愛が死ぬのは、愛の成長が止まる、その瞬間である

(2)

愛とは決して後悔しないこと

(3)

恋文を書くには、まず何を言おうとしているかを考えずに書きはじめること。そして何を書いたかを知ろうとせず書き終わらなければならない

(4)

恋愛は、それ自身一つのおきてのようなものであり、その人間の進路を定めてしまう

(5)

有力な敵があってもその恋人をだに占領すれば、それで心の安まるのは恋する者の常態である

(6)

恋はスペインの宿屋に似ている。あるものといえば自分が持ってきたものばかり

(7)

恋はとうてい痴なもの。少しささえられると、すぐ死にたき思いになる。少し満足すればすぐすべてを忘れる。思慮ある見識ある人でも、ひとたび恋に陥れば、痴態はまぬがれ得ない

(8)

こっちでいくら思っても、向こうが内心他の人に愛の眼を注いでいるならば、私はそんな女と一緒になるのはいやなのです

(9)

初恋と最後の恋のちがいを、ご存じ?初恋は、これが最後の恋だと思うし、最後の恋は、これこそ初恋だと思うもの

(10)

友情が恋愛になるときには、二つの川のように混ざりあり、有名なほうが他方の名を吸収する

(11)

恋の口説は、できるだけくどくて、長いほうがよろしい。女の心というものは、決して石でできあがっているものではないのだから

(12)

恋は富よりもはるかに強い。けれど恋はその力を借りなければならない

(13)

月にむかって、『そこにとどまれ!』などという者があろうか。若い女の心にむかって『一人を愛して心変わりせぬことだ』などという者があろうか

(14)

恋は多く人生の苦痛を包むオブラートなり

(15)

恋とはサメのようなものだ。常に前進してないと死んでしまう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存