身を削るだけの恋愛なら止めた方がいい。恋愛の名言 part2

スポンサーリンク

(1)

ライバルに不安を抱いていたら女は負けです

(2)

残念ながら、私は貴方といると幸せなんです

(3)

好きだ。気がおかしくなるほど惚れている。俺が欲しいのはおまえだけだ

(4)

もしも人から、なぜ彼を愛したのかと問い詰められたら、「それは彼が彼であったから、私が私であったから」と答える以外には、 何とも言いようがないように思う

(5)

甘くて刺激があるのなんて恋愛だけや

(6)

片側には憎しみ、もう片側には愛がつまってるの

(7)

私がお前を愛するごとく、お前も私を愛するならば、我々の恋を切り裂くナイフがあろうか

(8)

恋は単純で原始的な行為である。それは闘争である。それは憎しみである。恋には暴力が必要である。相互の同意による恋愛は退屈な労役にすぎない

(9)

恋を追う女じゃないけれど、恋もしたわ。男というのは、苦労させられた女のことは、忘れないものね

(10)

愛の悲劇というものはない。愛がないことのなかにのみ悲劇がある

(11)

「愛とは・・・
学ぶもので無し・・・
生まれ落ちた
その一瞬から
心に培うものである」

(12)

女性はたとえ自分を愛する男が野獣のようなものであろうと、愛され崇められれば無関心ではいられないものだ

(13)

恋は熱病のようなのもである。それは意思とは関係なく生まれ、そして滅びる

(14)

恋愛というものは、こちらが惚れれば惚れるほど、喜びと同時に心配や不安といったものが起こってくる

(15)

恋とは巨大な矛盾であります。 それなくしては生きられず、しかもそれによって傷つく

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存