気がおかしくなるほど惚れている。恋愛の名言

スポンサーリンク

(1)

恋する男と女が一緒にいて、少しも退屈しないのは、いつも自分たちの事だけを話題にしているからだ

(2)

ラブレター…… 青年は急いで読み、壮年はゆっくり読み、老人は読みなおす

(3)

恋ははしかと同じで、誰でも一度はかかる

(4)

女というものは幸福な人間を愛することが出来るかどうか私には分からない。愛する男に少しの憐れみも感じなかったような女は、多分恋とはどういうものか知らない女であろう

(5)

愛し愛されるということは、 両側から太陽を浴びるようなものだ

(6)

恋の悲しみを知らぬものに恋の味は話せない

(7)

最初のキスを笑いながら交わして、いざ別れるとなっても、しんみりとやさしい話をして別れるのが、一番安全でいい

(8)

恋は、それが秘密でなくなるとともに、楽しみでなくなってしまう

(9)

大恋愛の経験のある者は友情を重んじない

(10)

情念は過度でなければ美しくありえない。人は愛しすぎないときには十分に愛していないのだ

(11)

女の口から出る「いいえ」は否定ではない

(12)

愛とは何か? 愛とは、すべての試合をまるで最後の試合であるかのようにプレイすることだ

(13)

女性の全生涯は愛情の歴史である

(14)

女が君を愛すると誓っても、必ずしも信じるわけにはいかない。しかし君を愛さないと誓った時にも、やはり信じすぎないほうがよい

(15)

愛する女と一緒に日を送るよりは、愛する女のために死ぬ方がたやすい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存