気がおかしくなるほど惚れている。恋愛の名言 part2

スポンサーリンク

(1)

人間て恋に落ちるものなんだ、わかる?で、恋に落ちると、世界が全く違って見える!空はより青く、草はより緑に、そして鳥たちの歌はより甘くなる

(2)

嫉妬は常に恋と共に生まれる。だが必ずしも恋と共に死なない

(3)

女に懲りるのは一度でたくさん。だれもがそう思いながら二度三度と繰り返す

(4)

経験が役に立たないのは、特に恋愛の場合にはなはだしい

(5)

人間が恋に落ちるのは重力のせいではない

(6)

愛は時の威力を破り、未来と過去を永遠に結び合わせる

(7)

愛する人に本当のことを言われるよりも、だまされているほうがまだ幸せなときがある

(8)

夜の静けさのなかで、わたしは千の人々の喝采より、愛する人からの一言、二言が欲しくなるわ

(9)

恋とは甘い花のようなものである。それをつむには恐ろしい断崖の端まで行く勇気が無ければならない

(10)

恋の力は、身をもって恋を経験する時でなければわからない

(11)

財産も地位も、愛にくらべたら塵芥のようなものだ

(12)

人が心から恋をするのはただ一度だけである。それが初恋だ

(13)

恋愛では信じてもらうことが必要であり、 友情では洞察してもらうことが必要である

(14)

どの女性も一生に一人、強くて責任感のある男性を必要とする。この安全を手にすると、彼女は本当にしたいことに取りかかる事ができる。 すなわち、弱くて無責任な男と恋をするのだ

(15)

真実の愛は幽霊のようなものだ。誰もがそれについて話をするが、それを見た人はほとんどいない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存