大丈夫、きっと明日はできる。浅田真央の言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

小さい頃から自分の目標を紙に書いて部屋に貼っているんですけど、オリンピックのことも、もちろん書いています。「金メダルを取る!」って。それはもうずっと前から書いてある、同じ言葉なんです

(2)

きのうから悩んで重圧を感じていたが、バンクーバー五輪から4年間、一から見直してきたものを出すことができた。今まで支えてくれた人に最高の演技をして恩返しをすることができた。〜中略〜 最終的にはやるしかないと自分を信じて、自信を持ってとにかく跳ぶという気持ちで臨んだ

(3)

誰かに勝ちたいという気持ちはなかった。フィギュアスケートは、リンクに出たら自分一人。だから自分との闘いなんです

(4)

運命ってだいたい決まっているんじゃないですかね。自分が努力すれば、その先はもう決まっているんじゃないですか。そんな気がします

(5)

うん、やっぱり喜びも、その自分も選手としてやってる上で、やっぱり、自分の最高のレベルでまたそういう喜びを得たいと思ってやってるのもひとつあるから。今、アクセルを入れなかったプログラムでやったとしても多分喜びは全然ないと思うし自分の目標があるからやっぱりやってるし、それを達成したいからやってるというのもひとつあるかなって

(6)

出来てたことは絶対出来ると思うし、自分もそれをやりたいと思ってるから、今、練習、これからして、間に合わせたいなと思ってる

(7)

(オリンピックの目標について)今から練習してアクセル3回を入れれる構成ができていれば、もちろんソチオリンピックでもアクセル3回の構成でやりたいなと思ってるから、それを試合に入れて、終わったあとに「やった!」って思えるような試合にすることが今の一番の目標

(8)

多分スケートが無くなったらわかんないと思う。今までスケートがメインでの生活だったじゃん。だから終わったら想像がつかない。なにをしてるのかっていう。その時になれば多分ショーに出て、そのための練習とかもあると思うけど

(9)

今の自分の考えてることは、自分の目指してる演技をすることがいま考えてることで、他の人は他の人で、やっぱり本番になったら自分しかいないし、自分の目標としていることをやるのが、やっぱり、それをやることが自分の目標だから、あまり他の人のことは考えていないです

(10)

自分の失敗したことについてムカついたし、凄く悔しかったんだけど、でも表彰式でたくさんの日の丸を見たりとか、「おめでとう」という声援が聞こえたりとか、あと、映像でたくさんの人がテレビの前で応援してくださったのを見たりとかして。で、メダルを日本に持って帰ることができて凄く嬉しかった

(11)

多分、自分の前の演技のレベルを自分で知っちゃってるから、それ以下の演技をしても多分喜べないんだと思う、自分で

(12)

単独だったら、調子がいい時は「跳べる!」と思ったら跳べる

(13)

今目指してるのは、自分はベースだけの演技ではなくて、更に上を目指してるから。それがまだ出来てない

(14)

集中しているときは周りのことは気にならなくなるんですが、お客さんの声はすごく聞こえますね。滑っていて自分のパワーに変わります

(15)

ママやパパには、毎日ありがとうって思ってる。それが当然だと思う。生まれてからずっと大切にしてもらっているし、可愛がってもらってきたからね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存