恋。普通の娘を女神と間違うこと。恋愛の名言

スポンサーリンク

(1)

恋は空腹で生き、満腹になって死ぬ

(2)

恋されて恋するのは恋愛ではなく友愛である

(3)

十人十色というからには、心の数だけ恋の種類があってもいいんじゃないかしら

(4)

僕は彼女が大好きだが愛してなどいない。一方彼女は僕を熱烈に愛しているがそれほど好きではない

(5)

愛を拒まばまた愛より拒まれん

(6)

人間というものは、年が若くて恋をしている時には、どんなことでもまず恋と結びつけて考えるものである。あらゆる苦痛は恋を豊かにし、あらゆる情熱は、たとえそれが恋とはなんのかかわりあいのないものでも、恋の中に注ぎ込まれ、恋を増大させるのである

(7)

恋は炎であると同時に光でなければならない

(8)

心が激している時には人は誤って愛する。本当に愛するには落ちついて愛さなければならない

(9)

自分の生活に何物かを加え、あるいは何物かを減じ、自分の生活を変えてくれる相手でなければ、愛する価値はない

(10)

愛はもっともすばやく育つものに見える、だがもっとも育つのに遅いもの、それが愛なのだ

(11)

運命のひとは必ずあらわれる。ただ彼は今頃アフリカあたりにいて、しかも徒歩でこっちに向っているにちがいないわ

(12)

賢明な人は、嫉妬の感情を自らに許さない

(13)

少女の恋は詩なり。年増の恋は哲学なり

(14)

異性に心を奪われることは、大きな喜びであり、必要不可欠なことです。しかし、それが人生の中心事になってはいけません。もしそうなったら、人は道を見失ってしまうでしょう

(15)

人を愛せるかどうかで、若くいられるかどうかが決まるのよ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存