恋。普通の娘を女神と間違うこと。恋愛の名言 part2

スポンサーリンク

(1)

最も永く続く愛とは、決して報われぬ愛のこと

(2)

愛されることより愛することを。理解されることよりは理解することを

(3)

変わらないのは、ときめく気持ち

(4)

人は、人を愛していると思い込み、実は自分自身だけしか愛していない場合が多い

(5)

愛というものは、愛されることによりも、むしろ愛することに存する

(6)

恋愛の徴候の一つは彼女に似た顔を発見することに極度に鋭敏になることである

(7)

確実に幸福な人となるただ一つの道は人を愛することだ

(8)

女心はどんなに悲しみで一杯になっても、お世辞や恋を受け入れる片隅がどこかに残っているものだ

(9)

恋愛は恋愛によって始まる。従っていかに強い友情からも弱い恋にしか移行できない

(10)

女には本当に損な時がある。男に良くしてやって愛していることを見せれば見せるほど、それだけ早く、男は飽きてしまうのだから

(11)

男がもっとも情を込めて愛している女は必ずしも一番愛したいと思っている女ではない

(12)

情欲に流されるのはいい。だけど、流されているという自覚を持つんだ

(13)

愛とは、大勢の中からたった一人の男なり女なりを選んで、ほかの者を決して顧みないことです

(14)

恋の始まりは瞬間でも、つきあいが長引くかどうかは、美醜よりも人間味にかかわる問題だ

(15)

キスをするときに、目を閉じない女を信用するな

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存