恋人同士の喧嘩は、恋の更新である。恋愛の名言 part2

スポンサーリンク

(1)

愛されているという驚きほど、神秘的な驚きはない。 それは人間の肩に置かれた神の指だ

(2)

我々を恋愛から救うのは理性よりも多忙である

(3)

愛することにかけては、女性こそ専門家で、男性は永遠に素人である

(4)

女が男の友達になる順序は決まっている。 まずはじめが親友、それから恋人、そして最後にやっとただの友だちになる

(5)

何も香水をつけていない女性が一番いい匂いがする

(6)

愛している女は、男から愛されていないのではないかといつも恐れている。愛していない女は、男から愛されているといつもうぬぼれている

(7)

十人十色というからには、 心の数だけ恋の種類があってもいいんじゃないかしら

(8)

愛されていると感じながらこの世に生を受け、同じように感じながらこの世を去るならば、間に起きることは乗り越えていけるものである

(9)

本を読んでも、物語や歴史に聞くところからでも、 真実の恋は滑らかに運んだためしがない

(10)

愛することとはほとんど信じることである

(11)

自己侮蔑という男子の病気には、賢い女に愛されるのがもっとも確実な療法である

(12)

僕はおまえが好きだった。そして今でも好きなんだ。たとえ世界が木っ端微塵になったとしても、その残骸の破片から、恋の想いは炎となって燃え上がる

(13)

男の顔は履歴書、女の顔は請求書だ

(14)

20歳の顔は自然から授かったもの。30歳の顔は自分の生き様。だけど50歳の顔には、あなたの価値がにじみ出る

(15)

あの人が私を愛してから、自分が自分にとってどれほど価値のあるものになったことだろう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存