人はつねに初恋に戻る。恋愛の名言

スポンサーリンク

(1)

どんなにその人を愛していても、その人のために全てを犠牲にしてはならない。なぜなら、必ず後で、その人を憎むようになるからだ

(2)

頭のいい人は恋ができない。恋は盲目だから

(3)

心優しく温かい男性こそが、 真に男らしい頼りになる男性なのだと気づくとき、 大抵の女はもうすでに年老いてしまっている

(4)

私の人生にとって何より大切なことは、他の誰でもない、私自身がハッピーであると感じられることです。恋愛においては特に、最もそのことが問われます

(5)

自分自身以上に愛するものがあるとき、人は本当に傷つくのだ

(6)

二十代の恋は幻想である。三十代の恋は浮気である。人は四十代に達して、初めて真のプラトニックな恋愛を知る

(7)

恋をすることは苦しむことだ。 苦しみたくないなら、恋をしてはいけない。 でもそうすると、恋をしていないことでまた苦しむことになる

(8)

人生で一番楽しい瞬間は、誰にも分からない二人だけの言葉で、誰にも分からない二人だけの秘密や楽しみを、ともに語り合っている時である

(9)

言えるなら言って「愛してない」と。それを聞いたらあなたの人生から出て行くわ

(10)

真面目に恋をする男は、 恋人の前では困惑し、拙劣であり、愛嬌もろくに無いものである

(11)

恋の悩みほど甘いものはなく、恋の嘆きほど楽しいものはなく、 恋の苦しみほど嬉しいものはなく、恋に苦しむほど幸福なことはない

(12)

女は素晴らしい楽器である。恋がその弓で、男がその演奏者である

(13)

魅力あるもの、キレイな花に心を惹かれるのは、誰でもできる。だけど、色褪せたものを捨てないのは努力がいる。色の褪せる時、本当の愛情が生まれる

(14)

10組のカップルがいたら10通りの恋愛があると思うやろ、それが違うんやなあ、10組のカップルがいたら20通りの恋愛があるんだよ

(15)

あなたがそこにただいるだけで、その場の空気が明るくなる。あなたがそこにただいるだけで、みんなの心がやすらぐ。そんなあなたに私もなりたい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存