人はつねに初恋に戻る。恋愛の名言 part2

スポンサーリンク

(1)

ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ

(2)

結婚の幸福は、全く運次第ですもの。お互いに気心が分かっていても、前もって似ていても、そんなことで幸せが増すというわけのものじゃないわ

(3)

分別を忘れないような恋は、そもそも恋ではない

(4)

愛されないということは不運であり、愛さないということは不幸である

(5)

理解し合うためにはお互い似ていなくてはならない。 しかし愛し合うためには少しばかり違っていなくてはならない

(6)

貴方にめぐり逢えて本当によかった。一人でもいい、心からそう言ってくれる人があれば

(7)

どうしてもどうしても触りたくて、気が狂うほど、もういてもたってもいられなくて、彼女の手に触れることができたらもうなんでもする、神様

(8)

全てを出し尽くしてますか?ダメか・・・じゃあ、桜を見てみろよ。桜はな、この一年のこの時のために全てを出してるから美しいんだ。大丈夫、君も美しくなれるよ。だって・・・桜だから

(9)

こんなことをしたら嫌われるのではないかと、何もしない男が一番嫌われる

(10)

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ

(11)

人間は判断力の欠如によって結婚し、忍耐力の欠如によって離婚し、記憶力の欠如によって再婚する

(12)

愛する――それはお互いに見つめ合うことではなく、 いっしょに同じ方向を見つめることである

(13)

結婚するとき、私は女房を食べてしまいたいほど可愛いと思った。今考えると、あのとき食べておけばよかった

(14)

男と交際しない女は次第に色褪せる。女と交際しない男は次第に阿呆になる

(15)

もはや愛してくれない人を愛するのは辛いことだ。 けれども、自分から愛していない人に愛されるほうがもっと不愉快だ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存